FC2ブログ

10月マルイ前アクション レポート

10月21日、恒例のマルイ前アクション、

秋晴れの空の下、今回は音響機材も揃っていて、文句なしの「マルイ前アクション日和」。
参加してくださいました全ての皆様に感謝!

  お母さんと座って観ていた小さな女の子は、じっと身動きひとつしないでオープニングのヤマトーさんとブラックブロックさんを凝視!!
新しい世界に触れた幼い人の衝撃が伝わり、ドキドキしました。

 しばらく座って下さり、カンパまでしてくだささったご婦人、信号を待ちながら聴いてくれる人、意見を言ってくださる人・・・。マルイ前空間が生み出す自然なコミュニケーション。

 ■初めの挨拶~小橋さん

kobashi.jpg 汚染牧草が、8000ベクレル/kg以下なら捨てても良いことになったという!?
本来100ベクレル/kg以上の汚染物は、ドラム缶に入れて厳重保管しなければならないはず。
なぜかそれが一般ごみと一緒に捨てられて、焼却炉で焼かれることに!?

10月22日2時から神戸地裁、関西原発賠償訴訟のお知らせ
 






■オープニング~ヤマトー・スミスさん&ブラックブロックさん

opening.jpgヤマトーさんの最新アルバム《This is Japan》のタイトルになっている曲でオープニング。
辛口の歌詞の連打が小気味良く、メロディーは一度耳についたら離れない。
 ♪ 原発事故もなかったことに
♪ 汚染も被爆もなかったことに
♪ それでも再稼働・・・・
♪ 花粉で騒ぐな 放射能で騒げ!
♪ This is Japan これが日本!
♪ This is Japan これが日本! 
 





■歌《ソーラーシェアリングで行こうよ》《ケサナ ケセナ》~加納さんヤマトーさん                        

kanoh.jpgお仕事がお忙しいなか、飛び入りで急遽駆けつけて下さった加納さん、有難うございます。
《ソーラーシェアリングでいこうよ》は、脱原発ピザ屋さんで頑張っておられる 加納さんの新しいテーマソング ♪

















■詩の朗読《揺れる国》~望月

mochiduki.jpg6月の大阪北部地震で「揺れる国」を実感し、この地震大国で原発の再稼働を平気で行う国、「国民の生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利」を尊重しないどころか裏切る「背骨のない国」への怒りが改めて込み上げた。
特別なことでなく、日本国憲法を日本国政府が守ってほしいだけ。















■『ドラえもんの替え歌』『憲法の歌 矢谷さん作曲』~横林さん

yokobayashi.jpg矢谷さん作曲の『憲法の歌』を早速レパートリーに取り入れておられる横林さん。(パソコンで検索するとYouTubeで聴ける。)
「 ♪ 憲法は僕たちのもの 僕たちのもの 政府が変えるものじゃない 僕たちが考える」
覚えやすい軽快なメロディーだ。






 



■原発賠償訴訟~松本さん

matumoto.jpgテント設営からムービー撮影までお世話になった松本さん。
「生きていくのは辛いものがありますが、国民がどうにかして辛い思いをしないようにするのが国の責任です。」
静かな語り口に、ずっと原発被災者の方々と共に歩んで来られた松本さんならではの説得力を感じる。
「東電は、津波が予測できたのに対策を打ってこなかった。『被災者の方たちに謝罪します。』とは言ったが、事故の責任はとっていない!」
翌日22日の公判への意気込みこもる告知もされた。


 

■替え歌~住友さん

sumitomo.jpg「 ♪ 私バカよね、おバカさんよね。原発は安全と聞かされて 
石油に代わり 未来作ると信じてたのよ、今日まで。
福島の事故 私の夢を打ち砕いてしまったのよ。
脱原発 それが一番! 地球 守るために」
 













■フリースタイルラップ~ブラック・ブロックさん

blackblock.jpg自然な語りのようなフリースタイルラップ。
「どうやったら原発を止められるのか。
福井大飯町に行ってきた。
向こうの人たち、決して原発大好きでお金儲けしている人ばかりでない。
ウヨク・サヨクじゃなく
ナカヨク!・・・・」






 




■エンディング 『満月の夕べ』~ヤマトースミスさん

ending.jpg若いお母さんとお姉ちゃん。坊やを連れた若いお母さんなどが立ち止まって聴いてくださっていた。

(みんなたっぷり時間をとって演じてくださいましたので、最後は時間が押し残念ながら今回、『種を播こうよ』歌えませんでした。)

 


来月のマルイ前アクションは11月23日(祝日)14:00~16:00です。
来月まで、お元気で^^/
スポンサーサイト

田井中雅人さん講演会 予告

核に縛られる日本、そしてアメリカ
~マンハッタン・プロジェクトからフクシマ、トモダチ作戦まで~

講師: 田井中雅人さん(朝日新聞記者)
日程: 2018年12月9日(日)14:00~16:30(13:30開場)
会場: こうべまちづくり会館ホール(神戸・元町)
http://www.kobe-machisen.jp/access/
参加費: 一般800円 原発避難者400円 大学生以下無料
お子様連れ歓迎 (キッズスペースあり)
問い合わせ:高橋 090-5886-8364 bugad205@hi-net.zaq.ne.jp
主催:さよなら原発神戸アクション
FBイベントページ:https://www.facebook.com/events/919015794961058/

tainaka kouenkai  

9月 「マルイ前」アクション レポート

さよなら原発神戸アクションの月例街頭アピール=「マルイ前アクション」、9月は道路使用許可の関係でいつものマルイ前ではなく、少し南のみずほ銀行前でのアピールになりました。

※臨場感満点の動画はFaceBook「さよなら原発神戸アクションNo Nukes Kobe」で御覧いただけます。

1. はじめのことば 小橋さん

9月_1・政府は、トリチウムを含む福島原発放射性廃液を海に流そうとしている。原発事故の時の様に、「トリチウムはそんなに人体に影響はない。」と云っているようだが、トリチウムは有害であり、その汚染水には、他にも基準値超えの半減期の長い放射性物質が残留していることを知ってほしい。
また、放射性汚染土を薄めて公共事業で全国にばら撒く計画もある。










2.歌 『こころ』『通天閣』中山さん

9月_13中山さんの良く通る声は、真っすぐ心に響く。お人柄が滲みでている。
「♪心配ないさ どうにかなるさ 時間ならあるさ 明日もあるさ♪」・・・。
気持ちが落ち込んだりする時は、この伸びやかな歌声を想い浮かべよう。









3.詩の朗読 『揺れる国』 望月

9月_14 いつもと違うクリアーな空間のせいか、2011年以降心の底に溜り沈殿してきた感情が、思いがけず噴き出たように、少し激しい朗読になってしまった。
「最悪の結果を招いて停止していたはずの原発のスイッチを次々に押す 背骨のない国 揺れる国 揺れ止まぬ国」 







4.歌 『イムジン河』『座り込めここへ』《ミレ・ノレダン》(菅野さん・光葉さん)

9月_2 《未来合唱団》の朝鮮語《ミレ・ノレダン》南北朝鮮の平和的統一を願う『イムジン河』と、沖縄の辺野古基地建設反対闘争で歌われている『座り込めここ
へ』
 菅野さんのギターと光葉さんの卓上電子ピアノ、パパさん馬場さんのジャンベが息を合わせ、そこに歌声が乗る迫力あるセッションだった。







5.お話と歌『一握り人の罪』 衛藤さん

9月_15 7月末から北海道を旅した衛藤さん。北海道の幌延では、原発から出た高レベルの放射性廃棄物を地層処理するため、地下300メートルまで掘り進んでいる。今年5月に火災事故があったので、エレベーターで地下には行けなかった。北海道の海を見ていると「いつまでもきれいな海を残したい。」
とより強く思ったとのこと。








6.歌『アンパンマンの歌』『あたり前の地球』横林さん

9月_3 『あたりまえの地球』はマルイ前初公開の曲。『かあさんの歌』で有名な窪田聡の曲で、1956年の脱原発の歌だそうだ。
「海に魚が泳ぎ 空には鳥が飛ぶ そんな当たり前の地球 いつまで残るだろう・・・・」
横林さんの新曲挑戦に乾杯!!








7.替え歌『消さない』(『ケサラ』の曲で)・『怪獣原発ドン』 加納さん

 9月_4『消さない』も加納さんの新しいレパートリー!!
「♪ 広島・長崎を越え その悲しみを乗り越えようと〈原子力の平和利用〉はやっぱり駄目だった。消さない 消さない 消さないように この温もりを育てていこう 原子力に頼らなくても電気は満足してるのさ~」








8.替え歌 『沖縄を返せ』『島人ヌ宝』 住友さん

9月_5
 沖縄へのエールを込めて住友さんの美しいテノールが秋空を突く。
「♪・・平和と自然を愛するうちなんちゅうが守り育てた沖縄よ!
 辺野古も嘉手納も普天間も 彼らのものだ沖縄は!
 沖縄を返せ!沖縄を返せ!」  
「・・♪安全な未来を子供たちに残すため、大切な地球をもっとしっかり守りたい~!だから自然エネルギー!」










9.歌『命の記憶』『ずっとウソだった』《Rin9》(里山美穂さん之啓さん)

9月_7 『命の記憶』はジブリの映画『かぐや姫』のエンディングソング。
 「♪ずっと遠く何もわからなくなっても たとえこの命が終わる時が来ても 今のすべては過去のすべて。必ず又会える。懐かしい場所で」
 いつまでもお若い素敵なカップル!美穂さんの手話の動きも美しい。
 







10.替え歌『原発やめて』『7年目の再稼働』《スカピン》(大音さん・本村さん)

9月_8

「♪原発やめて~汚染を止めて!電気のために争わないで もうこれ以上」と竹内まりあの曲『けんかをやめて』の調べで綾さんが切々と歌う。
『七年目の再稼働』はあまりにも良くできた替え歌で、歌われるご本人も思わず笑ってしまうとか。







11.原発賠償訴訟 久一さん

9月_9 30年以内に福島県で15.7メートルの津波が起きることが分かっていたのに何の手立ても打たず、「予算がかかる!」と問題を先送りした国と東電の責任は重い。
誰も原発事故の責任を取っていない。事故後、国と東電に責任があるという判決が出ているのに、それを不服として控訴している。
兵庫訴訟 10月22日(月)14時開廷 神戸地裁
関西訴訟 11月1日(木) 14時開廷 大阪地裁
京都訴訟 12月14日(金)10:30開廷 大阪高裁




12.歌『ちょっと先の未来のこと』『満月の夕べ』 ヤマトー・スミスさん

9月_10 今回も,ヤマトーさんの『満月の夕』は盛り上がった。本村さんがグッドタイミングに合いの手を入れる。ユニットの枠を超えたマルイ前でのミュージシャンの「響演」に感動。最近又新しいCDを出されたヤマトーさん、たとえば『This is Japan』、批判のリズムが小気味良い。是非又リクエストしたい!












13.『種を播こうよ』 みんなで

9月_11 夕刻になりこの曲をみんなで歌うとき、ホットすると同時に仲間と共に在る有難さを想う。
作詞作曲の小野さん、名曲を有難うございます!
 皆さん、お疲れ様でした!!








main_line
main_line