FC2ブログ

9月 マルイ前アクションは大盛でした

1.初めの挨拶~小橋さん 

「原発ゼロ!」「放射能は毒!」という小橋さんの強い想いが
こもるアピール!
s-kobashi.jpg 
 環境省は環境汚染省。除染で出た物を、全国で再利用させる計画がある。農場の下に、汚染土を埋めようとしている!
・内部部被ばくの危険性のこと、
・9・21「アーサー・ビナード講演会」のお知らせ。

2.歌『雑草の歌』『SUN3サンバ』~加納さん&ヤマトー・スミスさん

『雑草の歌』では、ヤマトーさんと加納さんがハモるサビの部分がとっても美しい。
s-yamatoh.jpg
♪もうすぐ花が咲くよ~
 僕たちは生きていくんだ
 僕たちは闘うのだ
 ひとり ひとり
 風の中で会いましょう。

 巨漢の外国の方が、お二人のこの歌の後、カンパ箱にお金を入れ、拍手しながら去って行かれました。誰の心にも響く歌だったのだと思います。

3.原発賠償訴訟~久一さん&今泉さん
久一さんが原発賠償訴訟の核心を熱く訴え
s-hisaiti.jpg
◎ 国の機関が長期評価で『マグニチュード8クラスの地震が起きる』と2002年に知っていた
◎ 15.7mの津波が来ると予測していた。

 利益を優先して安全対策を怠ったことを、国会事故調は、『完全な人災』と批判!「年間1ミリシーベルト以上被ばくしてはいけない。」という法律があるのに、福島では、「20ミリシーベルトを下まわった所には帰って良い。」と言っている。
「国家によるこれ以上理不尽な犯罪はない!」と私は強く思う。

 9月19日(木)兵庫訴訟 神戸地裁 13:15集合
11月11日(木)大阪地裁 13:00集合


4.歌『あたりまえの地球』~横林さん

横林さんが20代に歌った歌が、今の地球を予言している!?
s-yokobayashi.jpg
 海に魚が泳ぐ
 空には鳥が飛ぶ
 そんな当たり前の地球
 いつまで残るの~?・・・・・

*脅かされているのは、魚や鳥の存在だけでなく、この国の民も。例えば弱い所から切り捨てようとする神戸市の高齢者無料パスの利用年齢引き上げや、福祉パスの利用対象者の縮小計画。高齢でなくても、障碍がなくてもみんなで反対しなければ、明日は我が身だ。
 

5.歌とお話~衛藤さん

毎年福島を訪れる衛藤さんが歌う、ジュリーの『一握り人の罪』
s-etoh_20190918161905cd2.jpg
 このタイトルが、苦く私の心に貼りついた。一握りの人の利害の為安全神話が村に振りまかれ、原発で村はイビツに引き裂かれた果ての原発事故!ご先祖から受け継いだ大切な大地に放射能汚染が拡がり、人々は故郷を失った。しかも、こんな大変な罪を犯した一握り人が自らの非を認めない?!

6.歌 『REBEL SONG 』 『ぼくの夢』~小野さん

私たちは、夢を描き続ける。その夢のためには時に抵抗も辞さない!
s-ono.jpg
  ほぼ同じ時にお生まれになった小野さんが歌われる『REBEL SONG』と『僕の夢』を聴き、「私たちは、幾つになっても抵抗すること、未来に夢を描くことを忘れてはいけない。」と、改めて強く感じた。

7.《若狭の原発を考える会》~木原壮林さんから特別アピール

渋いお声で絞り出される木原壮林さんのお話は説得力があり、とても分かりやすい
s-kihara.jpg
 今原発は2パーセントも動いてないのに、全然電機が足りない事はない! なのに、45年越えの老朽原発、高浜原発や美浜原発を動かそうとしている!
 40年越えの原発再稼働を全て阻止したら、2033年には、原発0になる。 
 赤い布に『若狭の原発を考える会』と白く染め抜かれた大きな戦国時代のような旗が3本、マルイ前広場にはためいた。原発と闘う戦場で培われた皆さんの強い意志とパワーが、その旗から伝わる。遠方よりお越し頂きました。
皆さんに感謝しています。

8.『美しき5月のパリ』の替え歌 『今こそ原発止めよ』~ 橋田さん

橋田さんの美しい声が、光葉さんのエレクトーンに乗って響く
s-hashida_20190918162036e21.jpg
この歌の原発を今こそ止めなければならない想いが真っ直ぐ伝わりました。

9.歌『イムジン河』『安倍じゃダメでしょう』~菅野さん

辺野古も原発も九条も阿部に任せては絶対ダメだ!!
s-sugano.jpg
 菅野さんは、今回森田敏也さんの「原発事故が起こったら!」
という講演要約がついた《脱原はりま通信》の2018年バックナンバーや「フクシマの声」が詰まっている今月号、そして「子供脱被ばく裁判」と「辺野古埋め立て用の土砂採取計画撤回を求める」書名用紙などが閉じられている中味の濃いパンフレットを、マルイ前のみんなに配布して下さいました。

10.歌『夏の終わり』『 虹 』~ここゆるさん

手話の指先から風が吹き、二人の美しい世界に引き込まれる
s-kokoyuru.jpg
 夏の終わりと云うタイトルだけで、切なくなりますが、この曲心の芯に沁みました。美穂さんの優しい声と手話の手の動きが、歌の抒情を一層深めます。
一方『虹』は、キャンプで歌ったりした可愛い曲です。
辺野古に行かれ、一層想いを強くされた美穂さんの真剣さが伝わりました。


11.歌『土になる』

『吐き気がするほどオリンピックだぜ』~ヤマトー・スミスさん
s-yamatoh.jpg
世界のトップアスリートを東京に呼び集め、放射能汚染はなかったことにする安倍政権の危なさを歌う
『土になる』の歌に初めて出会った時、こんな根源的なことをスカっと 歌われるヤマトーさんって凄い!!と思いました。
『吐き気がするほどオリンピックだぜ』は、腑に落ちる言葉だ。
3・11以降の関東の放射能汚染のことなど、何もなかったことにして「アンダーコントロール」という大嘘を本当らしくみせるために、世界中のトップアスリートを東京に呼び込む現政権の罪深さを、歌にしたのはヤマトーさんだけかもしれない。

12.歌『原発やめて』(竹内まりあ『喧嘩を止めて』替え歌)~Ayaさん

静かな『原発やめて』の後は、《We Will Rock You》の手拍子で盛り上がった
s-aya_20190918162243912.jpg
今回も大音氏が不在で、「一人でできるもんパートⅡ」
前回同様おひとりでを、『We Will Rock You』を、リードされてみんなで盛り上がることができました。有り余るAyaさんの力に感謝しています。
 

13.『種を播こうよ』~小野さんとみんな

今回の「マルイ前アクション」も、前に掲げた歌詞の垂れ幕を見ながら心を合わせて歌う『種をまこうよ』で締めくくり
ending_201907100959510d3.jpg
スポンサーサイト



アーサー・ビナード講演会 with みんなのデータサイト

放射能社会を生きる連続セミナー第11 回

アーサー・ビナード講演会 with みんなのデータサイト 

  「ちっちゃい こえ」があつまって


アーサー・ビナード 前回のセミナーで明らかになった危険な不溶性の放射性セシウムの存在ですが、それが多く含まれていると考えられる汚染土の再利用問題について周知するため、第9回セミナーの講師としてもお招きした、詩人で、先日内部ひばくに関する紙芝居を発表されたアーサー・ビナードさんを講師に迎え、放射能社会を生きる連続セミナー11 回を以下のとおり企画いたしました。
★☆★☆★☆★★☆★☆★☆★★☆★☆★☆★★☆★☆★☆★
thumbnail_アーサービナード講演会チラシ表
thumbnail_アーサービナード講演会チラシ裏

七夕アクション

7月のマルイ前アクションは七夕アクションになりました。
笹をセットし、小橋さんが「はじめの挨拶」で紹介してくださり、通行人の方の協力で合計20枚の短冊が飾られました。ご協力ありがとうございました。

tanzaku.jpg★「おひめさまになれますように」という可愛い女の子の短冊や、
★「身長もとのびます!」という坊やの短冊があり、心和みました。
★「SL(じょうき)きかん車好きだから石炭火力発でんもがんばれ」という
 少年?の短冊もありました。
他にも
★「あかんもんはあかん 何かあったら止められへん 何もなくても後はどうする?」
★「原発がすべて止まりますように!この期に及んでまだ動いとるよ」
 等の短冊のほか、「平和」「世界平和」という「平和」のキーワードのみの短冊も4枚ありました。

1.あいさつ  小橋さん

kobashi_20190710093230b0a.jpg 日本のエネルギー政策や政治の質が、如何に国際的にも遅れて危険なものか改めて認識させられる。
◎ 欧米では、「2030年自然エネルギー100%」のビジョンをもつ国がある中、日本は、経済的にも国際的に遅れている。
◎ 原発の被害を受けるのは一般の人、儲けるのは一部の人
◎ 国民の暮らしの為、子ども達を護る為に税金をどう使っているか。しっかり見極める必要。参議院選で意思表示しよう!

2.歌『光』~中山さん

nakayama_20190710093233024.jpg 孤独な心の底から歌い出される声が、強く真っ直ぐ届く。
 
♬ 満たされたことなんて今までなかった
  永遠なんて信じたことなかった♬

 青年の独白の歌詞の清冽さ!とても真似できません。
遠い所からお越し頂き、ありがとうございました。  
 

3.歌『ケサナイ』『原発ドン』~加納さん

kanoh_20190710093228d2e.jpg 久々のチャリダー登場に、マルイ前に優しいつながりや盛り上がりが!
 《ドタキャン》ならぬ《ドタエン》。当日朝のエントリーは原則は反則です。でも、ご多忙なチャリダーさんの久々のマルイ前登場は心底嬉しかったので、マルイ前アクションには毎回エントリーさせて頂き、望月の出番と交替をさせて頂きました。
 Ayaさん、急なFBの告知内容変更等、お世話をおかけしてしまいすみませんでした。

 チャリダーさんのお陰で、自転車発電のお手伝いを通りがかりの若者たちにお願いするなどの、微笑ましい光景が見られ、「これこれ、この味!」とチャリダーさんの「ある時~ない時」の差を強く噛みしめさせて頂きました。
 加納さん、またご都合つきましたら是非お越しください!

4.歌『君はロックを聴かない』~渉さん

wataru_20190710093222f37.jpg 歌の前に期日前投票への呼びかけも忘れない渉さん。
 渉さんは、Jポップ《あいみょん》の歌『君はロックを聴かない』を歌いました。

 ♬ ふつふつと鳴りだす青春の音
君はロックなど聴かないと思うけど、
ぼくはこんな歌であんな歌で恋を乗り越えてきた♪
 ♪ ぼくは核などいらないと思うから
 ぼくはこんな歌であんな歌で
声を挙げてきたんだ♪

5.『打ち上げ花火』のかえ替え歌と

 沖縄の普天間かおりさんの歌『守りたいもの』~《ここゆる》さん

 kokoyuru_20190710093231f28.jpg優しい手話と、厳しい歌の中味が一つになり心に沁みる。

 ♪福島から避難してきた友人
 帰りたいけど帰れない 
 離れなくてもいい人と 
 離れて来てしまった。

 あの日離れた町を
 今も想い出すんだ
 当たり前に暮らしてた 大切な日常 ・・・・・・・・
 歌の痛切な内容と、美穂さんの手話の優美さ・・・。

6.歌『土になる』『満月の夕べ』~ヤマトーさん

yamatoh.jpg 土・満月・・・、三線にのせたヤマトーさんの歌の背後に銀河系宇宙に浮く水惑星・地球を感じる。
 一番最初に惹きつけられたヤマトーさんの歌が、この日歌われた『土になる』だった。
 安倍自民党と一緒に、この国を戦争のできる国に導こうとしている某政党の街宣車が近くに停まって何やら言っていた。
 それを視界に入れながら語るヤマトーさんの舌鋒は、どんどん鋭く研ぎ澄まされていくのが伝わり、その後みんなも盛り上がり一緒に歌った。

7.語り ~衛藤さん

etoh.jpg
 「原発事故が数万人の人生を一変させた。未だに故郷福島に帰れない人々。
誰も人の人生を奪う権利はない!」福島に通い、肌で感じた衛藤さんの言葉がひしひし伝わる。
*原子力規制委員会
*内閣総理大臣
*県知事
*地元市町村長
*裁判所
 この5つのうちの一つがちゃんと動いたら、原発は止まる!

8.《スカピン》さん 

sukapin_20190710093219fbc.jpg
 鋭い批判と、音楽性とが一体になった《スカピン》ワールドに浸らせて頂く。
スカドックさんの「独り語り」が冴える。
「云うとくけどわしはジジイ。年金貰うまであと何年。
2000万ないけどザッツオーライ。
・・・・・・・・・
神も仏もないこの国で
仏罰あたらない政治を!」

『ラブミー テンダー』の替え歌~Ayaさん

核は要らない戦争も
平和があればいい
オーマイダーリン アイラヴユー
目を覚ませ~
 

9.原発賠償訴訟~松本さん

pokapoka_201907100932182c4.jpgポカポカサポートチームの松本さんの噛んで含めるようなお話は
説得力ある。
「なんで日本中に原発がたくさんでき、おまけに事故を起こされ、しかも電気代、日本がものすごく高いの知ってますか?
 安倍さんは「汚染水はブロックされている。アンダーコントロール」と嘘をつき、事故を起こした責任もとらない。
 国がちゃんと規制をしていたら、過酷事故にならなかった。
今も尚、放射線管理区域で生活している人たちが居る。

7月18日(木)神戸地裁13:15傍聴券 14:00~兵庫訴訟
8月22日(木)大阪地裁14:00~関西訴訟


10.歌『REBEL SONG』『僕の夢』~小野さん

私たちのアンサーは、REBEL!反抗です。」と云って歌い出す小野さんの『REBEL SONG』
 「いつまで待っても来ないバス
  もう待つのはやめよう。」
 今回心に最も残ったかっこいいフレーズです。

11.『種を播こうよ』~小野さんとみんなで

ending_201907100959510d3.jpg 
 新しい『種を播こうよ』の歌詞の掲示物は、後ろからでもはっきりと読め
7月も気持ち良くマルイ前アクションのエンディングが迎えられた。
 皆さんお疲れ様でした!
★★★
おりしも近くで「平和の党」の看板を掲げながら、アメリカと日本が戦争に突き進む為、憲法九条を、実質骨抜きにする改憲を企てている安倍政権の片腕である某政党が、街宣車で参議院選挙関連の街宣をしていましたので、私たちの「戦争も原発もない未来」を求める祈りの灯が、燎原の火のように強められた瞬間を感じました。

8月のマルイ前アクションは 8月11日(日)午後4時~6時です。
スタッフとしてお手伝いいただける方は午後3時にお集まりください。
 
main_line
main_line
最新記事
カテゴリ
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR