アーサー・ビナード講演会

arthurflyer.jpg  
 日々のニュースで見かける「原子力規制委員会」「放射性物質汚染対処特別措置法」「東電改革提言」などなど、漢字だらけの、何か良いことを表しているように見えて、その中身をよく知ることもなく、そのうち風のように記憶から消えていく言葉たち。
 大事なはずなのに心に残らないこの言葉たちは、誰がどのような目的で作り出しているのか・・・。 言葉のソムリエ、詩人のアーサー・ビナードさんに、そんな言葉たちのひもとき方を教わり、また心に届く言葉のつむぎ方を学びましょう。

■■ 放射能社会を生きる連続セミナー第9回 ■■

アーサー・ビナード講演会
  詩人 アーサー・ビナードさんに聞く
     『 言葉のつむぎ方、ひもとき方』
      
blinkball.gif 日時: 2017年5月21日(日)
    14:00~16:30 (13:30開場)   
blinkball.gif 場所: 神戸市勤労会館(405・406号室)
blinkball.gif 参加費:800円(原発避難者・高校生・大学生 400円)
    中学生以下無料、お子様連れ歓迎 キッズルームにて視聴可
*講演会は日本語で行われます。


【セミナー賛同団体】給食@コミュニティー グリーンコープ生活協同組合ひょうご 原発の危険性を考える宝塚の会  神戸市給食の安全を考える会 小まめ堂 食品公害を追放し安全な食べ物を求める会  生活協同組合コープ自然派兵庫 生活協同組合兵庫いきいきコープ 生活クラブ生活協同組合都市生活 脱原発・明石たこの会 脱原発はりまアクション  花と爆弾-もう、戦争の暴力はやめようよ 兵庫県被爆二世の会 兵庫県有機農業研究会 豊作野菜を送る会 【講演会賛同】芦屋「九条の会」 安保関連法廃止!市民の集い 神戸YWCA・平和活動部 日本基督教団兵庫教区社会部委員会 平和と民主主義をめざす全国交歓会・兵庫


主  催 さよなら原発神戸アクション
問合せ 小東 090-1678-1431 小橋 kaorukobashi@hotmail.com

スポンサーサイト

放射能社会を生きる連続セミナー第8回 報告

【報告】

放射能社会を生きる連続セミナー第8回は、以下のように開催され、

兵庫県庁への申し入れという形で、活動を継続しています。

たいへん遅くなりましたが、セミナーのお知らせ、概要、申し入れの様子をご報告いたします。

安定ヨウ素剤ってなあに?
-原発事故!そのとき家族をどう守るのか?-

■セミナーのお知らせ

http://whatsnew-on-flowersandbombs.blogspot.jp/2015/10/blog-post.html


■セミナーの概要

http://flowersandbombs.blogspot.jp/2015_12_01_archive.html


■セミナーで学習したことを活用し、兵庫県庁へ安定ヨウ素剤配布を申し入れ

3月10日の申し入れ http://flowersandbombs.blogspot.jp/2016_03_01_archive.html

4月26日の申し入れ http://flowersandbombs.blogspot.jp/2016_05_01_archive.html

8月30日・子どもたち一緒に申し入れ http://flowersandbombs.blogspot.jp/2016_08_01_archive.html

4月21日(火)は『武藤北斗さんお話会~エビと命とパプアニューギニア~』

放射能社会を生きる連続セミナー第7回

武藤北斗さんお話会~エビと命とパプアニューギニア~

日時:2015年4月21日(火)午前10時~12時30分(午前9:30開場)
会場:フォアベルクホール・VORWERK神戸ショールーム地階
神戸市中央区磯辺通4-2-14エスリード三宮フラワーロード(東遊園地東向かい)
TEL:078-221-8800
MAP:http://www.vorwerk-kansai.jp/web/?page_id=44

講師:武藤北斗さん(パプアニューギニア海産工場長・3児のパパ)
~宮城県から関西への原発避難者でもある、パプアニューギニア海産の武藤北斗さんに、
海と天然エビとフェアートレード・・・天然エビのお仕事を通して、
かかわるすべての命を大切にする生き方についてお話しいただきます。~

具体的にはどんな生き方?武藤さん執筆のストーリーをご覧ください。

■オーガニック食品販売、ならば働き方も・・・
「ママさんが働きやすい職場を目指したら、素晴らしいものを手に入れた会社」
http://storys.jp/story/10689

☆パプアニューギニア海産のエビ&コープ自然派さんのパンの試食付き
(マイカップ・マイスプーン持参)

定員:40名
参加費:一般600円 原発避難者400円 就学前児童無料(お子様連れ歓迎♪)
*キッズコーナーもあります*

人数把握のため、できるだけご連絡ください。
連絡先:高橋 090‐3652‐8652 ・小橋 kaorukobashi★hotmail.com(★を@に変えてください)
主催:さよなら原発神戸アクション http://sayogenkobe.blog.fc2.com/
協力:生活協同組合コープ自然派兵庫
http://www.shizenha.ne.jp/hyogo/detail/5/index.html?articleId=16647

【賛同団体】
給食@コミュニティー
原発の危険性を考える宝塚の会
グリーンコープ生活協同組合ひょうご
神戸市給食の安全を考える会
小まめ堂
食品公害を追放し安全な食べ物を求める会
生活協同組合兵庫いきいきコープ
生活クラブ生活協同組合都市生活
脱原発・明石たこの会
脱原発はりまアクション
花と爆弾-もう、戦争の暴力はやめようよ
兵庫県被爆二世の会

150421_page001.jpg

11月16日 小さき声・カフェ~被ばくのこと、もっと知りたい、話したい~

放射能社会を生きる連続セミナー第6回
 
小さき声・カフェ ~被ばくのこと、もっと知りたい、話したい~
with「カノンだより」vol.3 上映会

日時:2014年11月16日(日)14:00~16:45(13:30開場)
場所:フォアベルク(VORWERK)神戸ショールーム
神戸市中央区磯辺通4-2-14エスリード三宮フラワーロード(東遊園地東向かい)
TEL:078-221-8800
MAP:http://www.vorwerk-kansai.jp/web/?page_id=44
参加費:800円(高校生以下無料)/ 原発避難者の方は400円

「カノンだより」vol.3 鎌仲ひとみ監督作品内容
・かつての汚染地に帰還する子どもたち
・「小さき花」が広がるように!
・市民の思いと力
・保養体験女子会@ベラルーシ
「カノンだより」って?→http://kamanaka.com/news/1815/
六甲のカフェ・matoca&コープ自然派のドリンク・スイーツ販売あり
マットあり、お子様連れ歓迎、お持込の飲食もOKです♪

予約は不要ですが、人数把握のためご連絡いただければありがたいです。
問合せ先:高橋 090‐3652‐8652 ・小橋 kaorukobashi★hotmail.com(★を@に変えてください)
主催:さよなら原発神戸アクション http://sayogenkobe.blog.fc2.com/

【賛同団体】
給食@コミュニティー
原発の危険性を考える宝塚の会
神戸市給食の安全を考える会
小まめ堂
食品公害を追放し安全な食べ物を求める会
生活協同組合コープ自然派兵庫
生活協同組合兵庫いきいきコープ
生活クラブ生活協同組合都市生活
脱原発・明石たこの会
脱原発はりまアクション
花と爆弾-もう、戦争の暴力はやめようよ
兵庫県被爆二世の会

page001.jpg

5月18日 放射能から子どもを守るために 入江紀夫先生(医療問題研究会)講演会

放射能社会を生きる連続セミナー第5回
『放射能から子どもを守るために』


講師:小児科医 入江紀夫先生(医療問題研究会)
演題:放射能の人体への影響ー福島における甲状腺がんの多発を考える


日時:2014年5月18日(日)14:00~16:45(13:30開場)
会場:神戸市勤労会館403号室
市営地下鉄・JR・阪急・阪神各三宮駅から東へ徒歩5分
http://www.kobe-kinrou.jp/shisetsu/kinroukaikan/
参加費:一般700円 / 原発避難者の方は300円

3月にドイツで開催された
「原発事故がもたらす人体と環境への影響に関する国際会議」における、
入江先生のご発表をもとに、子どもたちを守る方法をともに考えましょう。


予約は不要ですが、人数把握のためご連絡いただければありがたいです。
問合せ先:高橋 090‐3652‐8652 ・小橋 kaorukobashi<アットマーク>hotmail.com
主催:さよなら原発神戸アクション http://sayogenkobe.blog.fc2.com/


【賛同団体】
給食@コミュニティー
原発の危険性を考える宝塚の会
神戸市給食の安全を考える会
小まめ堂
食品公害を追放し安全な食べ物を求める会
生活協同組合コープ自然派兵庫
生活協同組合兵庫いきいきコープ
生活クラブ生活協同組合都市生活
脱原発・明石たこの会
脱原発はりまアクション
花と爆弾-もう、戦争の暴力はやめようよ
兵庫県被爆二世の会

第5回セミナー
main_line
main_line