3・19いのちとくらしを守るデモ

もうすぐです! みんな集まれ!

3月チラシ表

スポンサーサイト

高浜原発うごかすな!関電包囲全国集会

1月22日、大阪で高浜原発うごかすな!関電包囲全国集会が開かれました。
当日はあいにく体の芯まで冷える寒さの中、約1000名が関電本社を包囲し、「高浜原発を動かすな!」と抗議の声を響かせました。その後、2時半からのデモでは冷たい雨まで降るという悪条件にもめげず最後まで元気にデモ行進を行いました。
 20170122_162950.jpg 
中の島公園での集会では、神戸アクションを代表してTさんがスピーチする際に
「脱原発はりまアクション」の皆さんが活用されている「原発は廃炉にするしかない」
「福島のこどもを救え」のメッセージカードを10人の兵庫の参加者が掲げました。
はりまアクションのSさんが関電前でスピーチするときも同様でした。

20170122_165612.jpg 
集会終了後横断幕の前で兵庫からの参加者全員での記念撮影。みんな笑顔でした。
 20170122_174135.jpg 
大阪の集会でこんなに兵庫の市民の連帯感を示せたのは初めてだったとおもいます。
311後の約6年の連携の積み重ねがここまで来たか~と感無量でした。
この信頼関係を、319デモとか大津仮処分抗告審決定後の取り組みに生かしていきましょう。

1月22日は 全国から大阪・関電本社包囲へ!

《 高浜原発うごかすな! 1・22(日)関電包囲全国集会 》

今、司法の力で運転を食い止めている高浜原発3・4号機
大阪高裁で争われている大津地裁運転差し止め仮処分決定への抗告審は
2月頃にも正念場を迎えます。
差し止め決定を維持せよ!の声を全国から結集しましょう!

kandenhoui1 
kandenhoui2 

もんじゅを廃炉へ!全国集会

 政府は「もんじゅについては、廃炉も含めて今年中に結論を出す。」と言っている。

 ナトリウ火災事故を起こしてから満21年の今年。

 絶好の機会だ! みんなの力で「もんじゅを廃炉へ!」と追い込もう。

神戸から敦賀までの往復は、JR「秋の関西1デイパス」を利用して3600円で行けます。
敦賀駅前―白木海岸―プラザ万象の貸切バスは「福井県平和センター」へ電話で予約申込。
この時に、お弁当もお願いしておくと便利です。

■2016/12/03 もんじゅを廃炉へ!現地全国集会(敦賀市)

monjusyukai_s.jpg 

 

日 時:2016年12月3日(土)午前11時~午後5時

スケジュール:

 午前11時~12時 現地抗議集会と原子力機構ヘ申し入れ

  場所:白木海岸

 午後1時~3時 もんじゅ廃炉を求める全国集会

  場所:プラザ万象(敦賀市東洋町1-1 TEL 0770-22-9711)

  講演:

  「もんじゅを安全に運転することは出来ない」 弁護士 福武公子氏

  「もんじゅは、廃炉にすべき」 元内閣総理大臣 菅直人氏

 午後3時~5時 敦賀市内デモ プラザ万象~敦賀駅前

 

敦賀駅からもんじゅ行のバス:

 9時40分から10時まで3台のバスを用意しています。往復1500円。

 事前申し込みが必要です。

 

主 催:'16もんじゅを廃炉ヘ!全国集会実行委員会

呼びかけ団体:原子力発電に反対する福井県民会議/原水爆禁止日本国民会議/

       原子力資料情報室/ストップ・ザ・もんじゅ/

       反原発運動全国連絡会/脱原発若狭湾共闘会議

連絡先:原子力発電に反対する福井県民会議・福井県平和センター

    〒910-0859 福井市日之出3-9-3 TEL 0776-25-7784 FAX 0776-27-5773

-------------------

12月2日(金)午後5時~ 全国原発・原子力施設立地県交流会

場所:商栄会館2F 敦賀市白銀町4-25

11月15日(日)は『規制基準はゆるすぎる! 原発再稼働を止める集会 PARTⅡ』

「規制基準は緩すぎる!原発再稼働を止める集会 PARTⅡ」

11月15日(日) 午後1時~午後5時
あすてっぷ神戸 セミナー室1

==========================
昨年5月21日、福井地方裁判所は大飯原発3.4号機の運転を差し止める画期的な判決を言い渡しました。
判決は、人びとの生命や生活に関わる「人格権」こそ最高の価値であり
「豊かな国土とそこに国民が根を下ろして生活していることこそ国富である」として、
原発の安全神話もコスト論も根底から否定しました。
ところが 政府、原子力規制委員会、電力会社は、こうした司法の声も国民世論も無視して
8月には九州電力川内原発1号機を起動させ、続いて関西電力高浜3,4号、四国電力伊方3号炉と、
次々に原発を再稼働させようとしています。
規制委員長自身が「規制基準に適合しても安全とは言わない」と公言しているとおり、
規制基準は「世界一厳しい」という安倍首相の根拠のない断言とは似ても似つかず、
大事故を防ぐのではなく大事故を前提に、穴だらけの対策を追加したものにすぎません。
 未だに隠ぺいされている東電福島原発事故の真相を検証し、
福井地裁判決と高浜3・4号運転禁止仮処分の成果を改めて確認し、
全ての原発の停止、廃炉に向けた運動を広げていきましょう。

■と き 11月15日(日) 午後1時開場~午後5時閉会
■ところ あすてっぷ神戸 セミナー室1
JR「神戸駅」徒歩7分
神戸市営地下鉄 「ハーバーランド駅」徒歩7分、「大倉山駅」徒歩3分
神戸高速鉄道「高速神戸駅」徒歩3分
http://www.city.kobe.lg.jp/life/community/cooperation/asuteppu/
■講演
●「福島事故の検証なき新規制基準とは何か」
講師:田中三彦さん(元国会事故調査委員)
元原子炉設計技術者、国会事故調査委員会委員、
また、現在も有志による「もっかい事故調」「新潟県原子力発電所の安全管理に関する技術委員会」委員として
事故の真相究明に尽力されている田中さんに、隠ぺいされ続ける事故の真相、規制基準の問題点を語って頂きます。
●樋口判決を守り、高浜も大飯も止める!
講師:寺田昇市さん(大飯原発運転差止訴訟弁護団)
あの画期的判決を勝ち取った大飯3・4号差止め訴訟の弁護団の一員として活躍された寺田弁護士に、
勝訴に導いた規制基準の問題点、控訴審の現状と勝利の展望についてを語っていただきます。

主 催 さよなら原発神戸アクション
http://sayogenkobe.blog.fc2.com/
問合せ 高橋秀典 090-3652-8652
==========================

さよ原1511集会チラシ表面

さよ原1511集会チラシ裏面
main_line
main_line