若狭 アメーバーデモ

若狭の原発を止めるために、地元への各戸ビラ配布行動が行われています。

若狭の原発を考える会・木原壯林さんたちが福井現地の人たちと協力して企画、準備し、関西はじめ各地からの参加を呼び掛けています。


さよなら原発神戸アクションのメンバーも呼びかけに応えて参加しています。

5月20日(日)は小浜湾を望む仏谷、堅海、泊地区にチラシ配布を行いました。
大飯原発が目の前に迫り、チラシを渡すと「アカン!政治が悪い!以前は運動があったのに。」
「あんな危険なものを動かしてどうするつもりや!」などの怒りの声が多く聞かれました。
また、泊地区には、118年前韓国船の遭難者93人を極寒の中から村民が救助し、手厚くもてなした
記念碑が建立されていました。
大飯原発4号機は再稼働されてしまいましたが、原発地元の根強い怒りの声をはじめ、世界の流れは
脱原発・反原発へと動いています。絶やさず歩み続けましょう。


次回のチラシ配布およびアメーバデモは、5月31日(木)‐6月1日(金)に実施いたします
31日(木)は滋賀の高島のチラシ配布およびアメーバデモを予定しています。
京都、滋賀の皆様、日帰りでのご参加も含めて、多数ご参加お願いします。
31日(木)は、10時にJR新旭駅前観光物産プラザ駐車場にお集まりください。
31日(木)は熊川宿に宿泊します。宿泊可能な方はシュラフや毛布などお持ちください。
31日(木)は9時に山科駅下の公園から配車いたします。新大阪駅からも配車いたします。
ご参加いただける方は木戸までご連絡ください。
■呼びかけ、連絡先
若狭の原発を考える会・木原(090-1965-7102)・木戸(090-9213-7395)

スポンサーサイト

福井現地アメーバーデモのお誘い

若狭の原発を止めるために、地元への各戸ビラ配布行動が呼びかけられています。
若狭の原発を考える会・木原壯林さんたちが福井現地の人たちと協力で企画、準備し、関西はじめ各地からの参加を呼び掛けています。

各戸ビラ配布は、原発立地地域の人たちの思いや事情に直接ふれたり、私たち消費地の思いを伝えたりする機会にもなる貴重な活動です。
参加可能な方はぜひ!
若狭湾岸チラシ配り 若狭湾岸チラシ配り2 

原発立地 福井とつながる取り組み 2

point037_06.gif シリーズ 若狭の原発立地 現地からの報告 PART2

なぜ「原発で若狭の振興」は失敗したのか

  • 日時 2017年10月1日(日)13:30~16:30(開場13:00)
  • 場所 神戸市勤労会館308号室(定員120名)(JR三宮東南歩4分)
  • 講演「なぜ、原発で若狭の振興は失敗したのか?」山崎隆敏さん(元越前市議)
  • 講演「樋口判決を守り抜こう」島田広さん(弁護士)
  • 参加費 800円(学生・避難者400円、高校生以下無料)
  • 主催 さよなら原発神戸アクション 
  • 問合せ先 高橋秀典 090-3652-8652 saltshop@kobe.zaq.jp

  私たち電力の消費地で暮らす市民は、福島をはじめとする電力供給地のことをどれだけ知っているでしょうか?若狭は世界一の原発立地地域です。15基の原子炉が人口14万弱の地域にひしめいています。2011年のフクイチ事故後、原発事故の恐ろしさは誰もが知るところとなり、世論調査で脱原発を求める声が多数を占めるのはほかの地域と変わりません。 
 ではどうすれば立地地域の方々と脱原発の声をいっしょにあげられるのか? シリーズ1回目の講演会では、毎日新聞高橋一隆記者の講演を通じて、立地中の立地である高浜町音海地区でおきている変化を知りました。
 今回の山崎隆敏講演を通じて、原発で地域振興などできないという現実を知り、立地住民とともに原発に頼らない道を探ります。 
 また、フクイチ事故後の司法の良心が生み出した大飯原発差し止め裁判福井地裁判決(樋口判決)を守り抜こうとしている立地の人々がいます。大飯原発福井訴訟弁護団長の島田広弁護士の講演を通じて、毎月20日に名古屋高裁金沢支部に公正な控訴審判決を求める行動への参加を呼び掛けます。
 フクイチ事故を忘れない思いを共有し、電力の立地と消費地の住民が手を携える道を見つけましょう。どうぞご参加ください。

さよ原1710チラシ_imgs-0001

               福井のイヌワシと原発

原発立地、福井とつながる取り組み

さよなら原発神戸アクションの活動の柱の一つに「福井とつながる取り組み」があります。
原発立地の抱える様々な問題について、立地地域で奮闘されている方たちと連帯し、学び合いながら、原発のない地域への転換を応援する・・そんな思いを込めて様々な活動を行っています。
その一環として、このたび新たに「シリーズ 若狭の原発立地 現地からの報告」を企画しました。

point037_06.gif シリーズ 若狭の原発立地 現地からの報告 PART1

さよ原1708講演会チラシ_imgs-0001 
point037_06.gif シリーズ 若狭の原発立地 現地からの報告 PART2(予告)

さよ原1710チラシ_imgs-0001

  なぜ「原発で若狭の振興」は失敗したのか

 講師 山崎隆敏 さん 
 2017年10月1日(日) 13:30-
 神戸市勤労会館 308号
 ※詳細は左の画像をクリック
main_line
main_line