放射能を学び、福島の今を知る

神戸学生青年センターの常設連続セミナーの一つで食の安全をテーマとする「食料環境セミナー」の6月~7月は放射能汚染、東電福島原発事故関連をテーマに開かれます。
福島原発事故からすでに7年が経過しましたが、福島原発からは未だ膨大な放射能が放出され、福島の人々の健康を脅かしています。今も原子力緊急事態宣言発令が続く中、東電も政府もその責任を認めないまま、帰宅困難区域の一部解除、自主避難者の住宅支援打ち切りなどの対応は理解に苦しむものです。福島の現状から目を離すことはできません。関西に住む人々の健康・生活にも無関係ではありません。8年目に入った今あらためてこの問題に向き合いたいと思います。

◎2018年5月23日(水)午前10時30分~12時
「 放射能って何? 」
 食の安全と環境問題の専門家の話を分かりやすく解説する元科学者 三原 翠さん
日本の放射能汚染状況を知るために東北、関東などの各地の土壌測定を続けておられる三原翠さんは40年にわたり食の安全と環境問題に関わるお仕事に携わってこられました。もともと東京にお住まいでしたが数年前から神戸にもお住まいを持たれ、東京と行き来する中、汚染区域で暮らす方々や避難者の方々に寄り添う厚い支援も続けておられます。放射能や内部被曝の事など科学者の観点からの専門的な研究、情報のみならず、私達にとって難解な放射能、放射線、その影響を分かりやすく解説してくださいます
★★開催要領はページ末★★

◎2018年6月27日(水)午前10時30分~12時

「 原発事故後を生きる私たち 」
 いわきの初期被曝を追及するママの会 代表 千葉 由美さん

千葉さんはいわき市で事故後、母親同士のネットワークを立ち上げました。2013年開始の子供たちを被曝から守るための活動「TEAMママべク子どもの環境見守り隊」では、保育所、幼稚園、小・中・高校の校庭やその周辺の放射線量の測定を週2回行い、現在も継続中です。又、不安に思う人々が孤立しないように繋がり交流するコミュニテイの場として「ママcaféかもみーる」を定期的に開催し汚染地で暮らす人々の支えの場となっています。目に見えない放射性物質と戦う千葉さんのこの7年間の奮闘と今・・その現状をお聞きします。
★★開催要領はページ末★★

◎2018年7月25日(水)午前10時30分~12時
「福島から母子避難7年『避難の権利』と憲法~国連人権理事会で世界に伝えた母たちの願い・子どもたちを被ばくから守って!~」
                 
東日本大震災避難者の会 Thanks&Dream代表、原発賠償関西訴訟原告団代表 森松明希子さん
原子力発電所の事故による今も続く数々の人権侵害について、20183月に国連人権理事会でスピーチをされたことは、マスコミでも取り上げられましたのでご存知の方も多いことでしょう。
「放射線被曝から逃れ健康を享受する権利」、「平和に生きる権利」の確立を求めての活動および国連での訴えについてお話いただきます。
★★開催要領は下記★★

●会場:神戸学生青年センターホール
(阪急六甲下車徒歩3分、JR六甲道下車徒歩15分)
●参加費:600円 ※託児(無料)があります。
必要な方は前々日までに予約してください。
●主 催 : (公財)神戸学生青年センター
〒657-0064 神戸市灘区山田町3-1-1
TEL 078-851-2760  FAX 078-821-5878
ホームページ http://ksyc.jp  e-mail info@ksyc.jp
スポンサーサイト

「子ども脱ひばく裁判」を支援しよう

東電福島第一原発事故によって奪われたものは数えきれません。
その中でも、多くの子どもたちの将来に大きな不安や困難を与えたことは、本当に悔しく、やりきれないことではないでしょうか。
今、福島で子供たちを育てている方や各地に避難した方が協力して「子どもたちが被ばくの心配が無い環境で教育を受ける権利の確認」と「原発事故後、子どもたちに被ばくを避ける措置を怠り、無用な被ばくをさせた責任の追及」を求めて、国と東電を被告とする裁判を福島地裁で闘っています。

■他人事ではない、明日の私たちかも

福島原発事故被害者の置かれた状況は、例えば神戸に暮らす私たちにとっても決して他人事では済まされません。次々再稼働されて行っている若狭湾の原発が大事故を起こせば、ただちに私たち自身が同じ状況に置かれるのです。
私たち、「さよなら原発神戸アクション」に集う仲間の多くも「こども脱ひばく裁判を支える会・西日本」の会員になったり、署名を集めるなどしてこの裁判を応援しています。
このたび「こども脱ひばく裁判を支える会・西日本」の総会&学習会が神戸市内で開催されることになりました。
この機会に、多くの皆さんが、厳しい状況の中で奮闘されている事故被害者の皆さんの思いに触れ、応援していただきたく、ご案内します。


20180520支・西総会 

前新潟県知事 泉田裕彦さんが来神!

 前の新潟県知事で、東京電力の柏崎刈羽原発の「再稼働ありき」の姿勢に対して安全性の検証を徹底して求め、厳しく対処してきたことで注目を集めた泉田裕彦さんの講演会が神戸で開かれます。
 地方自治体の首長として、県民の安全を守るために当然の姿勢を貫いてこられた泉田さん、その当然のことをしない、できない自治体が多い中、信念を貫いた泉田さんのお話をぜひ聞いてみたいですね。

■■■泉田裕彦(前新潟県知事)講演会■■■

◎日時 2017625日(日)13301630

◎場所 兵庫県私学会館大ホール(定員300人)元町駅東口西北歩2

 ◎内容

・講演「原発と地方自治体」泉田裕彦前新潟県知事

・質疑

◎参加費 前売券800円 当日券1000円 学生・避難者は半額

◎主催 泉田裕彦講演会実行委員会

問合せ先 高橋秀典 09036528652 saltshop@kobe.zaq.jp

2011311日の東京電力福島第一原発事故(フクイチ事故)以降、市民の中に原子力発電所に対する不安が大きく広がりました。その不安が現在でも根強くあることは、各種の世論調査からも明らかです。もしフクイチ事故のような原発事故が起きたら、自分や家族の命はどうなるのか?政府や自治体は住民の命を守ってくれるのか?誰もが抱くその疑問に対して「私は住民の命を守る!」と言い切れる首長は、どれだけいるでしょうか?残念ながらわずかでしょう。
泉田裕彦さんは、新潟県知事就任直後の新潟県中越地震、そして2007年の新潟県中越沖地震と柏崎刈羽原発の火災事故を経験し、原発震災の危険性を内外に明らかにしてきました。そしてフクイチ事故の後は東京電力や政府に対して事故の検証と改善策を求めて一歩もひかない姿勢を貫かれました。
その行動を支えた信念をぜひ知りたい!という趣旨で神戸での講演会を開催いたします。原発を抱えるこの国において、地方自治体とりわけ首長に問われることは何なのかを、泉田裕彦さんにお話していただきます。ぜひご参加ください。
プロフィール
泉田裕彦さん 1962年生まれ 京都大学法学部卒業後通商産業省(現経済産業省)入省。資源エネルギー庁、産業基盤整備基金、岐阜県庁などへの出向を経て退官。2004年の新潟知事選挙に自民公明両党の支持のもと当選。知事就任の前日に発生した新潟県中越地震の対応や被災地の復興に奔走。20113月の東京電力福島第一原発事故は、「福島事故の検証なしに再稼働の議論はしない」と国や東京電力に対して主張し続けた。201610月任期満了により退任。

泉田氏講演会チラシ_imgs-0001 

神戸⇔福島 NO NUKES 鬱でも踊れ

 5月6・7日に「たこやきキャンプ」支援イベントが開催されます。さよなら原発神戸アクションも応援します。
 素晴らしいアーティスト達に神戸で出会える貴重なチャンス!
 音楽ファンならこの機会を逃せない!



うつでもおどれ 

3・11よりまもない頃、TVには茶髪の女の子が映り、瓦礫の散乱した景色の中に立ち、インタビュアーに何か答えている。『もう、どこにも嫁にはいかない。好いてくれる男がいたら、福島の男と一緒になる。』そう答えている。
 不意に涙が溢れてきた。
 かつて、広島、長崎の女たちが出自をひたすら隠し、嫁に行きいかなかったことを思った。あの時より、もっと悪い。自国民が自国民の母性を傷つけているのだから。眼下に広がる海沿いの街に情愛に満ちた物語をいとなむヒトの暮らしがあり、クニで無事な帰還を願う家族の笑顔があることを思いながら、投下レバーを引いた爆撃機の兵士は私(達)だ。
22年前、私(達)のホームタウン神戸も壊れた。悲しいこと、辛いことばかりだった。でも、ヒトが廃墟に立つことができれば、新しい街がまた立ち上がり、ヒトの暮らしが始まり、新しい情愛の物語が、海沿いの街でまた始まる。始まった。
 福島はどうか?
 あまりいい話は聞かない。
神戸港で潮風の匂いの向こうで三陸の海を見ている女の子を想う。好きな男はできたか? 暮らしにこまったことはないか? 町内の人たちとうまくやれているか? 所帯を持って子供は生まれたか? 今そこで、元気に笑っているか?
 あまりいい話は聞こえてこない。
羊水の海から、森へと旅立った私(達)は、どこで道を間違えたのか? 蛆虫のようにヒトが湧いてきて、税金や電力料金を払い続けると思っているヒト達は誰なのか? 産土瑞穂の国、魚湧く豊穣の海は、もうどこにも無い? のか?
 鬱でも踊れ! 鬱でも踊る! 鬱でも踊ろう!
五月、潮風に緑の薫風が混じる頃、そんなアレヤコレヤの想いを持って集まりたい。集まろうと思う。そう心から思い下記の企画を立ち上げました。ご賛同ご協力をお願いします。

FESTBULL.gif 日 時 2017 5/6~5/7

FESTBULL.gif 
うつでもおどれ2 
FESTBULL.gif 料金 前売り¥3800-      当日  ¥4300-     2日通し¥6000-
*要別途1Drink¥600-
*当日18才未満証明提示で¥1000-返金のユース割引
*余剰金は『大人は未来に何をのこすの』名で『福島の子どもを招きたい!明石プロジェクト』にカンパ

FESTBULL.gif 主 催  nonベグレる同盟
(パパ佐々木俊光 ジミー原毅 ダスター羽田俊二、ほか)

※ご予約お問い合わせは下記サイトでお願いします
http://headwork2.wixsite.com/non-begureru
※3月1日よりローソンチケットで前売りを開始します。
Lコードは"57586"です。よろしくお願いします。
http://l-tike.com/concert/mevent/?mid=263723
↑こっちの方が早いですね。

7月18日(土)は『アベ政治を許さない! 市民デモ KOBE』

「アベ政治を許さない市民デモKOBE」

7月18日(土)
11時半 花時計前(神戸市役所北側)集合
12時出発(東遊園地ゴール)

13時より東遊園地で、神戸市役所をバックに
「アベ政治を許さない」ポスターを掲げます

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

アベ政治を許さない市民デモKOBE よびかけ文
                        2015年7月1日

国会が史上最長の3か月も延期され、アベ政権は何が何でも戦争法制
を成立させるつもりです。憲法学者や歴代の内閣法制局長官がこぞっ
て憲法違反と指摘しても、アベ首相ははぐらかす答弁の繰り返し。法
案への市民の支持が広がるはずもなく、内閣支持率も低下の一途です。

法案への市民の支持が広がらないことに逆切れしたアベ親衛隊自民党
議員は、「マスコミを懲らしめるには広告料収入がなくなるのが一番」
とメディア弾圧を公言し始める始末。若者たちの国会前行動で言われ
たように、「アベが自由を滅ぼすか、我々がアベを倒すかの闘いをし
なければならない」状況になっているのではないでしょうか?
 
 兵庫では、兵庫県弁護士会が呼びかけた6月21日の集会にかつてない
 9000人の市民が集まりました。世論の変化を示しましたが、法案を
 廃案に追い込むには、アベ政権の支持率をさらに下げる取り組みが必
 要です。

おりしも作家の澤地久枝さんから以下のような呼びかけがありました。
https://sites.google.com/site/hisaesawachi/ 
7月18日(土)午後1時に「アベ政治を許さない」というポスターを
全国一斉に掲げようという呼びかけです。シンプルですが、今の市民
の気分を広く拾い上げる取り組みだと思います。
 
 神戸らしい場所でそれを実践しようということで、午後1時に三宮の
 東遊園地で、神戸市役所をバックに「アベ政治を許さない」ポスター
 を掲げます。そしてより多くの方に戦争法案のことやこのアクション
 について知ってもらおうと、11時半に花時計前(神戸市役所北側)に
 集合して、12時花時計前出発、三宮センター街を通って鯉川筋まで西
 進し、三宮中央通りを東進しフラワーロードを南下して東遊園地とい
 うデモを企画しました。

 「アベ政治を許さない」プラカード以外にもいろんなプラカードを掲げ
 てデモをしましょう。
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
よびかけ団体(アイウエオ順)7月6日現在
芦屋「九条の会」
NHK問題を考える会(兵庫) 
関西合同労働組合兵庫支部
基地のない平和で豊かな沖縄をめざす会 大阪
憲法を生かす会・ひょうごネット
(公財)神戸学生青年センター
神戸こども未来舎
KOBEピースiネット
神戸YWCA 
護憲円卓会議ひょうご
さよならウラン連絡会
さよなら原発神戸アクション 
集団的自衛権反対市民(仮称)
脱原発 明石・たこの会
脱原発はりまアクション
とめよう戦争!兵庫・阪神連絡会
PEACE WEST✾WOMEN(愛と平和の女子パレ)
兵庫県有機農業研究会
平和と民主主義をめざす全国交歓会・兵庫
辺野古の海に基地を作らせない神戸行動
(よびかけ団体募集中!)

問合せ先 高橋秀典 090‐3652‐8652 saltshop@kobe.zqq.jp
アベ政治を許さない1507チラシ2
ABE NO
main_line
main_line