5月18日 放射能から子どもを守るために 入江紀夫先生(医療問題研究会)講演会

放射能社会を生きる連続セミナー第5回
『放射能から子どもを守るために』


講師:小児科医 入江紀夫先生(医療問題研究会)
演題:放射能の人体への影響ー福島における甲状腺がんの多発を考える


日時:2014年5月18日(日)14:00~16:45(13:30開場)
会場:神戸市勤労会館403号室
市営地下鉄・JR・阪急・阪神各三宮駅から東へ徒歩5分
http://www.kobe-kinrou.jp/shisetsu/kinroukaikan/
参加費:一般700円 / 原発避難者の方は300円

3月にドイツで開催された
「原発事故がもたらす人体と環境への影響に関する国際会議」における、
入江先生のご発表をもとに、子どもたちを守る方法をともに考えましょう。


予約は不要ですが、人数把握のためご連絡いただければありがたいです。
問合せ先:高橋 090‐3652‐8652 ・小橋 kaorukobashi<アットマーク>hotmail.com
主催:さよなら原発神戸アクション http://sayogenkobe.blog.fc2.com/


【賛同団体】
給食@コミュニティー
原発の危険性を考える宝塚の会
神戸市給食の安全を考える会
小まめ堂
食品公害を追放し安全な食べ物を求める会
生活協同組合コープ自然派兵庫
生活協同組合兵庫いきいきコープ
生活クラブ生活協同組合都市生活
脱原発・明石たこの会
脱原発はりまアクション
花と爆弾-もう、戦争の暴力はやめようよ
兵庫県被爆二世の会

第5回セミナー
スポンサーサイト

4月20日 神戸でんでんフェス ~ 節電・発電実践報告と田中優さん講演 ~

 あなたも節電と発電の達人に! 神戸でんでんフェス
   ~ 節電・発電実践報告と田中優さん講演 ~

2011年3月の東京電力福島第一原発事故によって、多くの市民が原発に
頼らない生活を求めるようになりました。その実現のためには、大量に
電気を消費する生活の見直し(節電)が必要です。

太陽光・風力・水力・バイオマスなどの再生可能エネルギーの普及も
求められています。電気を使う場所の近くで発電する「エネルギーの
地産地消」をすすめることも必要でしょう。

すでに神戸市内においても、太陽光発電やバイオマス発電などの優れた
実践が積み重ねられています。
再生可能エネルギーで暮らす街神戸を一緒に考えていきませんか?

【日時】2014年4月20日(日)11時~16時
【場所】神戸市勤労会館 7階大ホール(定員500人)
http://www.kobe-kinrou.jp/shisetsu/kinroukaikan/index.html
(市営地下鉄・JR・阪急・阪神・ポートライナー各三宮駅から
東へ徒歩5分)

【参加費】1000円(原発事故避難者の方は500円・18歳以下無料)
※お子さん連れ歓迎(保育士による保育はありませんが、お昼寝や
気分転換ができるスペースを確保しています)

【内容】
●11:00~ オープニング
 めざせ!節電と発電の達人!でんでん度チェック

●節電と発電の実践報告
 (Ⅰ部11:20~)たけぞうさん(神戸市認定「省エネの匠」)
          (公財)ひょうご環境創造協会
 12:00~休憩&交流タイム
 (Ⅱ部13:00~)NPO法人新エネルギーをすすめる宝塚の会
          太陽光発電所ネットワーク兵庫地域交流会 他

●14:00~16:00 講演
 田中優さん「電力会社に頼らない生活はできる!」(仮題)

※節電と発電に関連するブース展示・・・出展募集中

【主催】神戸でんでんフェス実行委員会
mail:kobe.dendenfes@gmail.com
TEL:090-8528-2507(松本)
facebookイベントページ
https://www.facebook.com/events/218361838357074
/

【賛同団体】(五十音順:2月17日現在)
NPO法人新エネルギーをすすめる宝塚の会
関西よつ葉連絡会・阪神産地直送センター
玄米ごはんとお米とお菓子・MOMONGA
神戸よつ葉会
さよなら原発神戸アクション
市民社会フォーラム
生活協同組合コープ自然派兵庫
生活協同組合兵庫いきいきコープ
生活クラブ生活協同組合都市生活
脱原発 明石・たこの会
脱原発はりまアクション

【後援】
公益財団法人ひょうご環境創造協会
神戸新聞社
140420_ちらしV2ss

4月13日は春一番の「神戸三宮マルイ前アクション」

さよなら原発神戸アクションの名物イベント
「神戸三宮マルイ前アクション」

4月13日(日) 14時~16時 で開催します。
484869_586645868082438_476846763_n.jpg


日本政府は、この夏の原発再稼働に向けて、いよいよ本格的に動き出しました。
福島原発事故の検証はまだ終わっていません。
あの事故が教えてくれたことのひとつは、
福井県の原発で事故が起これば、ここ神戸も被災地になるということです。
もし事故が起こったら、私たちは安全に避難することができるのでしょうか。
あなたはその方法を知っていますか?

みんなの疑問と不安をここで解消しましょう。
マルイ前アクションは、
原発への様々な想いを
話して・聞いて・見て・訴えて・考えて・伝えて・共感する場所です。
気軽にお立ち寄りください。

自分の想いを、街に向かってアピールしたい人も募集中です。
マイクで語る以外にも
歌や紙芝居、手作りチラシなど、それぞれの方法でご参加ください。


混雑した歩道上でのアクションです。
大きな音の出るもの、
広い場所を専有するものなど
周囲の通行の妨げになると判断される場合は、
アピールをお断りさせていただくこともあります。
詳しくは、スタッフまでお問い合わせください。

↓場所はこちら JR三宮駅のすぐ南側です↓

大きな地図で見る
main_line
main_line