10月19日『原発差止め判決は覆せない!神戸集会』

原発差止め判決は覆せない!神戸集会


日時:10月19日(日)午後1時50分~5時
場所:兵庫県私学会館302号室(定員130人) JR阪神元町駅北西歩3分

講演 「原発差止め判決は覆せない!」

井戸 謙一さん(元金沢地裁裁判官)
「地震国ニッポンで原発稼働は無理!京都訴訟の訴え」

竹本修三さん(大飯原発差止京都訴訟原告団長・京大名誉教授)



参加費 1000円
主催 さよなら原発神戸アクション
連絡先 高橋 090-3652-8652 saltshop@kobe.zaq.jp

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
井戸謙一さんは、1999年に志賀原発2号機の建設運転差止め判決を出された
裁判官です。5月に出された福井地裁の大飯原発差止め判決の意義、とくに311
原発事故後に司法がどう変わったのかを分かりやすく説明していただきます。

竹本修三さんは、大飯原発の差止めを求める京都訴訟の原告団長で、地震の
専門家でもあります。京都訴訟で3000人の原告参加をよびかけられています。
原発差止め判決を確定していく取り組みにあなたも参加してください。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

井戸謙一(いど けんいち)さん プロフィール
1954年 大阪生まれ 1979年 裁判官任官 2011年 退官(在官年数32年)
現在 弁護士(滋賀弁護士会所属)

竹本修三(たけもと しゅうぞう)さん プロフィール
1942年 埼玉県秩父市生まれ。 京都大学理学部卒。理学博士。 京大防災研究
所助手、京大理学部助教授、京大大学院理学研究科教授を経て、2006年3月に
定年退官。日本学術会議測地学研究連絡委員会委員長、日本測地学会会長、
地震予知連絡会委員、 国立天文台運営協議員・運営会議委員などを歴任。
専門は、固体地球物理学・測地学。

さよ原1410神戸集会ちらし
スポンサーサイト
main_line
main_line