5月9日(土)は『原発ゼロ社会への道―第2回兵庫フォーラム』

これからのエネルギーは市民が決める!
原発ゼロ社会への道―第2回兵庫フォーラム

日時 5月9日(土)13:00~17:00
場所 兵庫県立中央労働センター 大ホール
http://hyogo-churou.com/index.php?id=24
(JR阪神元町北西歩10分、阪急花隈北歩5分、神戸市営地下鉄県庁前西歩5分)

内容
第1部 基調講演「将来の電源構成政府決定の問題点と脱原発の未来」
講師 松原弘直さん
(環境エネルギ―政策研究所主席研究員・原子力市民委員会原発ゼロ行程部会コーディネーター)

第2部 兵庫県下各界からの意見表明
法曹界、医療界、経済界、農業・漁業関係、消費者団体など 
会場内展示ブースも募集中

第3部「脱原発が地域の未来を切り開く」
脱原発をめざす首長会議参加首長からのアピール 三上元さん(静岡県湖西市長)

参加費 1000円 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
市民の大半が脱原発社会を求めているにもかかわらず、
政府は原発をベースロード電源として位置付けて、
2030年の電源構成を6月までに決めようとしています。
決め方も、民主党政権下で追求された「国民的議論」とはほど遠く、
脱原発を主張する委員を排除した論議で決めようとしています。

各界の方々が脱原発の意思を明確にし、
実際に原発ゼロ社会を目指す行動を起こすことが
必要になっているのではないでしょうか?

兵庫フォーラムでは、各界からの意見表明を受けて
脱原発を求める県内世論をアピールしたいと考えています。
どうぞご参加ください。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

主催 原発ゼロ社会への道―兵庫フォーラム実行委員会
 ・原発の危険性を考える宝塚の会
 ・さいなら原発尼崎住民の会
 ・原発なくそう芦屋連絡会
 ・さよなら原発神戸アクション
 ・脱原発明石・たこの会
 ・脱原発はりまアクション

後援 脱原発をめざす首長会議 http://mayors.npfree.jp/
協力 原子力市民委員会 http://www.ccnejapan.com/
問合せ先 高橋秀典 090-3652-8652 saltshop@kobe.zaq.jp

脱原発フォーラム1505表a

脱原発フォーラム1505裏4s
スポンサーサイト

4月18日(土)は『再稼働って必要なん? 神戸三宮マルイ前アクション』

さよなら原発神戸アクション恒例の街頭アピール
「神戸三宮マルイ前アクション」

4月18日(土) 14時~16時 で開催します。

150418c.jpg


関西電力は、福井県の高浜原子力発電所を再稼働させる準備を進めています。

再稼働の準備が進められている、この高浜原発、
3号機は2012年2月から
4号機は2011年7月から
ずっと定期検査中となっています。
つまり、3年以上も営業運転を行っていません。
http://www.kepco.co.jp/corporate/energy/nuclear_power/info/monitor/live_unten/takahama_real.html

関西電力や経済界などの説明では
原発を動かさないと
関西電力株式会社の経営が改善しなかったり、
電気代が上がったり、
電気が足りなくなったりする恐れがあるそうです。
ですが、
政府も関西電力も原子力規制委員会も
安全性の保証をしてくれないような発電所を
本当に動かす必要があるのでしょうか?
3年間も動かしていなかった施設を
動かすほうが危ないのではないか、そう感じてしまいます。

日本では、2013年9月15日から
原子力発電所は電気を全く作っていません。
原発を動かさなくても電気が足りることは、事実として証明されています。

私たちは原子力発電所の再稼働を認めない。
神戸三宮の街から、それぞれにやり方でアピールしていきましょう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
マルイ前アクションは、
原発への様々な想いを
話して・聞いて・見て・訴えて・考えて・伝えて・共感する場所です。
気軽にお立ち寄りください。

自分の想いを、街に向かってアピールしたい人も募集中です。
マイクで語る以外にも
歌や紙芝居、手作りチラシなど、それぞれの方法でご参加ください。


混雑した歩道上でのアクションです。
大きな音の出るもの、
広い場所を専有するものなど
周囲の通行の妨げになると判断される場合は、
アピールをお断りさせていただくこともあります。
詳しくは、スタッフまでお問い合わせください。

↓場所はこちら JR三宮駅のすぐ南側です↓

大きな地図で見る

4月21日(火)は『武藤北斗さんお話会~エビと命とパプアニューギニア~』

放射能社会を生きる連続セミナー第7回

武藤北斗さんお話会~エビと命とパプアニューギニア~

日時:2015年4月21日(火)午前10時~12時30分(午前9:30開場)
会場:フォアベルクホール・VORWERK神戸ショールーム地階
神戸市中央区磯辺通4-2-14エスリード三宮フラワーロード(東遊園地東向かい)
TEL:078-221-8800
MAP:http://www.vorwerk-kansai.jp/web/?page_id=44

講師:武藤北斗さん(パプアニューギニア海産工場長・3児のパパ)
~宮城県から関西への原発避難者でもある、パプアニューギニア海産の武藤北斗さんに、
海と天然エビとフェアートレード・・・天然エビのお仕事を通して、
かかわるすべての命を大切にする生き方についてお話しいただきます。~

具体的にはどんな生き方?武藤さん執筆のストーリーをご覧ください。

■オーガニック食品販売、ならば働き方も・・・
「ママさんが働きやすい職場を目指したら、素晴らしいものを手に入れた会社」
http://storys.jp/story/10689

☆パプアニューギニア海産のエビ&コープ自然派さんのパンの試食付き
(マイカップ・マイスプーン持参)

定員:40名
参加費:一般600円 原発避難者400円 就学前児童無料(お子様連れ歓迎♪)
*キッズコーナーもあります*

人数把握のため、できるだけご連絡ください。
連絡先:高橋 090‐3652‐8652 ・小橋 kaorukobashi★hotmail.com(★を@に変えてください)
主催:さよなら原発神戸アクション http://sayogenkobe.blog.fc2.com/
協力:生活協同組合コープ自然派兵庫
http://www.shizenha.ne.jp/hyogo/detail/5/index.html?articleId=16647

【賛同団体】
給食@コミュニティー
原発の危険性を考える宝塚の会
グリーンコープ生活協同組合ひょうご
神戸市給食の安全を考える会
小まめ堂
食品公害を追放し安全な食べ物を求める会
生活協同組合兵庫いきいきコープ
生活クラブ生活協同組合都市生活
脱原発・明石たこの会
脱原発はりまアクション
花と爆弾-もう、戦争の暴力はやめようよ
兵庫県被爆二世の会

150421_page001.jpg
main_line
main_line