8月9日(日)は『規制基準はゆるすぎる! 原発再稼働を止める集会』

『規制基準はゆるすぎる!原発再稼働を止める集会』

日時: 8月9日(日) 午後1時半~5時
場所: 神戸まちづくり会館2階ホール(JR阪神元町駅西口西南歩7分)
参加費: 1000円
http://www.kobe-machisen.jp/access/

◀内容▶
☆ 講演「高浜仮処分決定を活かし裁判闘争で再稼働を止めよう」
講師 井戸謙一さん(弁護士)
1979年 裁判官任官 2011年 退官(在官年数32年)現在 弁護士
☆ 講演「規制委を監視し緩すぎる規制基準の抜本的見直しを」
講師 阪上武さん(原子力規制を監視する市民の会)
福島老朽原発を考える会(フクロウの会)代表/原子力規制を監視する市民
の会メンバー
休憩のあと質疑
☆ 特別報告「自治体要請などで再稼働反対の世論つくりを」
島田清子さん(美浜・大飯・高浜原発に反対する大阪の会)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2015年4月14日に福井地裁は、現在の原子力規制基準を「ゆるすぎる」と
断定し、関西電力に高浜原発の運転を禁止する仮処分を決定しました。
この決定は、現在進行中の「異議審」において打ち消されない限り有効です。
司法の力で原発再稼働を止めたのです。
関電が合法的に再稼働できない間に、決定を活かして再稼働反対の世論や
力関係を作りましょう。

井戸講演では、高浜仮処分決定を水平展開させて全国の原発を止める
裁判闘争の方向性を明らかにします。阪上講演では、原子力ムラの虜に
なってしまった規制委の現状と、緩すぎる規制基準の抜本的見直しに向けた
取り組みを明らかにします。そして島田報告では、関西広域連合が安全協定や
避難計画・指針の問題などで事実上政府に再稼働不同意の申し入れをしている
状況の中で、関西の地方自治体を住民の命を守る立場に立たせていく
取り組みについて報告していただきます。

みなさん、どうぞご参加ください。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


主催 さよなら原発神戸アクション http://sayogenkobe.blog.fc2.com/
問合せ 高橋秀典 090-3652-8652 saltshop@kobe.zaq.jp
さよ原1508集会チラシ表2

さよ原1508集会チラシ裏2
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line