スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9月27日(日)は『原発が作るのは電気だけ? 川内原発今すぐ止めて! 神戸三宮マルイ前アクション』

さよなら原発神戸アクション恒例の街頭アピール
「神戸三宮マルイ前アクション」

9月27日(日) 15時~17時 で開催します。

20150919a.jpg


8月11日、鹿児島県にある川内原子力発電所が運転を開始しました。
それは、核燃料が核分裂反応を始めたということです。

日本で原子力発電所が動いたのは2年ぶり、
川内原発1号機が動くのは4年ぶりです。

原子力発電所は、その莫大なエネルギーから、有り余るほどの電気を産み出します。
二酸化炭素を出さないクリーンなエネルギーと言われていますが、
発電、つまり、核反応が起こるということは、
あらたな放射性物質、いわゆる核廃棄物が発生するということです。

核廃棄物を安全に処理する方法は、未だ発明されていません。
また、核廃棄物をエネルギーとして再利用する研究も事実上、失敗しています。
そして、核廃棄物の環境負荷は、二酸化炭素に比べて低いということもできません。
再稼働が行われたために、そんな不要なものが今もどんどん増えています。
電気を作るためだけに、そのようなゴミを増やすことは、勘定が合うと言えるのでしょうか?

原子力発電所は連続運転を想定した設備です。
長期間停止後の運転再開は、それまでとは異なるリスクが発生します。
災害発生時の周辺住民の避難、並びに生活再建方法は確立していません。
様々な発電設備のある日本では、原発を動かさなくても必要な電気は確保できます。
発電以外のコストも含めると、原発は安価な発電方法ではありません。

「私たちは原子力発電所の再稼働を認めない」
神戸三宮の街から、それぞれのやり方でアピールしていきましょう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
マルイ前アクションは、
原発への様々な想いを
話して・聞いて・見て・訴えて・考えて・伝えて・共感する場所です。
気軽にお立ち寄りください。

自分の想いを、街に向かってアピールしたい人も募集中です。
マイクで語る以外にも
歌や紙芝居、手作りチラシなど、それぞれの方法でご参加ください。


混雑した歩道上でのアクションです。
大きな音の出るもの、
広い場所を専有するものなど
周囲の通行の妨げになると判断される場合は、
アピールをお断りさせていただくこともあります。
詳しくは、スタッフまでお問い合わせください。

↓場所はこちら JR三宮駅のすぐ南側です↓

大きな地図で見る
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。