スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1月31日(日)は『関西電力 原発やめて! 神戸三宮マルイ前アクション』

さよなら原発神戸アクション恒例の街頭アピール
「神戸三宮マルイ前アクション」

1月31日(日) 14時~16時 で開催します。

12095146_918014231615235_2818655064700873454_o.jpg


福井県にある原子力発電所の営業運転がいよいよ始まります。

「高浜原発3号機、燃料装荷が完了 1月28日にも原子炉起動の予定」
福井新聞ONLINE http://www.fukuishimbun.co.jp/localnews/npp_restart/86487.html

東京電力福島第一原発事故が示してくれたことのひとつは
停止中の原発と、運転中の原発とでは、
事故発生時の危険性や、事故対応の難易度が段違いであるということ。
これまでの、「すぐそこに原子炉がある」という状況と
「すぐそこに稼働中の原子炉がある」という状況は、まるで異なるのです。

また、多くの原発が密集して建てられている福井県では、
そのうちのどれかひとつが事故を起こした場合でも
全ての原子炉について、緊急対応が必要になります。
現在の原子力安全方針では、
そのような複合災害に対しての対策は十分とは言えません。

福井県から京阪神まではおよそ100km。
もし、放射能漏れ事故が発生すれば、
わずか3時間で放射性物質が飛来する可能性があります。
そのような短時間で、
生活に必要なものをまとめて
しばらく戻れないことも想定して
安全な場所まで逃げる準備はできているでしょうか?
これは、怖がり過ぎた過剰な想像ではありません。
ほんの5年前に、実際にこの国で起こったことです。


「すべての原子力発電所の運転を停止してください」
神戸三宮の街から、それぞれのやり方でアピールしていきましょう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
マルイ前アクションは、
原発への様々な想いを
話して・聞いて・見て・訴えて・考えて・伝えて・共感する場所です。
気軽にお立ち寄りください。

自分の想いを、街に向かってアピールしたい人も募集中です。
マイクで語る以外にも
歌や紙芝居、手作りチラシなど、それぞれの方法でご参加ください。


混雑した歩道上でのアクションです。
大きな音の出るもの、
広い場所を専有するものなど
周囲の通行の妨げになると判断される場合は、
アピールをお断りさせていただくこともあります。
詳しくは、スタッフまでお問い合わせください。

↓場所はこちら JR三宮駅のすぐ南側です↓

大きな地図で見る
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。