スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8月18日 エネルギー政策”国民的議論” 政府との意見交換会

~国家戦略室職員と話そう~
エネルギー政策”国民的議論” 政府との意見交換会

私たちが望む未来のエネルギーは?
あなたの意見を政府に伝えよう!

日時 8月18日(土)13:30~16:30
場所 兵庫県立中央労働センター 大ホール
(JR元町西北徒歩10分、阪急花隈北徒歩5分、地下鉄県庁前西徒歩4分)
地図 http://hyogo-churou.com/index.php?id=24

内容 国家戦略室担当職員からの説明
   (エネルギー・環境の選択肢と国民的議論について)
   質疑応答
   原発ゼロを実現するプロセスについての意見表明
  ( ISEP 環境エネルギー政策研究所職員の招請を予定しています)

参加費 500円

現在政府は、将来の原発依存率などについて国民の意見を聞いています。
今後の原発のあり方や使用済み核燃料処理の方向が決まります。
みんなで政府に意見を伝えましょう。

① 8月12日午後6時までにパブリックコメントで
意見を政府に送ってください。
http://www.npu.go.jp/policy/policy09/pdf/20120702/20120702.pdf

パブリックコメントは政府が政策決定にあたり
国民に意見を聞く公式な手続きです。


② 18日の意見交換会に参加して政府職員に説明を求め、意見を述べてください。

政府が示す「3つの選択肢」とは?
2030年までの日本の原発のあり方が原発の割合ごとに示されています。
【 0 %シナリオ】  唯一の脱原発シナリオ
【15%シナリオ】  40年廃炉に例外を認め、さらに新増設するシナリオ。
【20~25%シナリオ】原発の新増設を積極的に進めるシナリオ


よびかけ さよなら原発神戸アクション ~賛同団体を募集中~

問合先 高橋 090-3652-8652 dfadl300@kcc.zaq.ne.jp


さよなら原発神戸アクションでは、7月29日に神戸三宮において、
3つのシナリオについて、通行人に意見を求めるシール投票を実施しました。
午後4時~6時で、427人に参加していただき、

0%    314個(73,5%)
15%    93個(21,8%)
20~25%  20個(4,7%)

という結果でした。

下記の映像で当日のようすをご覧になれます。
http://www.ustream.tv/recorded/24324217


120818c.jpg
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
main_line
main_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。