放射能社会を生きる連続セミナー 第2回 ―放射能から子どもの「食」を守る方法―

放射能社会を生きる連続セミナー 第2回
―放射能から子どもの「食」を守る方法―

日時 9月1日(日) 午後1時30分~4時30分
場所 神戸市勤労会館2階多目的ホール(JR阪神阪急三宮駅東南5分)
講師 垣田達哉さん(消費者問題研究所代表)


参加費 800円(原発避難者400円)
託児あり 事前に8月25日までにお申し込みください。
1歳半~就学前のこどもさん1人につき利用料500円。


講師プロフィール
垣田達哉(かきたたつや):消費者問題研究所代表/食品問題評論家
1953年岐阜市生まれ。横浜市在住。77年慶應議塾大学商学部卒業。
97年独立し、消費者問題研究所代表。04年、学校給食用食材の安心
安全を確保するための協力者会議委員に任命され『学校給食のための
食品「安全・安心」マニュアル』(全国学校給食連合会)の執筆者の
一人として参加。食品問題のプロフェッショナル。放射能汚染、中国
食品、BSE、鳥インフルエンザ問題などの食の安全や、食育、食品
表示問題の第一人者として、テレビ、新聞、雑誌、講演などで活躍す
る。「ビートたけしのTVタックル」「世界一受けたい授業」「はな
まるマーケット」「クローズアップ現代」など、テレビでもおなじみ
の食の安全の探求者。『ホントは怖い!加工食品の真実』(英和出版
社)、『複合被曝』『放射能から子どもの「食」を守る方法』(WA
VE出版)、『みんなが気になる食の安全55の疑問』(ソフトバンク
クリエイティブ)など著書多数。
 
東京電力福島第1原発事故以降、食品の安全基準が政府の都合でさま
ざまに変わり、食の放射能汚染が徐々に広がっています。「世界一受
けたい授業」などテレビでおなじみの垣田達哉さんを講師に、放射能
からこどもの「食」を守る方法を学びます

賛同団体(アイウエオ順)
給食@コミュニティー 原発の危険性を考える宝塚の会 神戸市給食
の安全を考える会 食品公害を追放し安全な食べ物を求める会 生活
協同組合コープ自然派兵庫 生活協同組合兵庫いきいきコープ 生活
クラブ生活協同組合都市生活 脱原発・明石たこの会 脱原発はりま
アクション 花と爆弾-もう、戦争の暴力はやめようよ 兵庫県被爆
二世の会

主催 さよなら原発神戸アクション 
http://sayogenkobe.blog.fc2.com/
問合せ先 高橋 090‐3652‐8652 
dfadl300@kcc.zaq.ne.jp

さよ原1309講演会チラシ

PDF版のダウンロードはこちらへ
http://sayogenkobe.web.fc2.com/130901_001.pdf
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ケノーベルからリンクのご案内(2013/07/14 08:46)

岐阜市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。

コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line