スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12月29日は神戸マルイ前アクションを緊急開催!

神戸を代表する繁華街「三宮」、
そのど真ん中で繰り広げるみんなの脱原発アピール
『神戸三宮マルイ前アクション』

131224a.jpg

次回は
『神戸三宮マルイ前アクション
  国民の8割が脱原発ならパブコメ1億件 送ってやるぜ! スペシャル』
と、題して

12月29日(日) 14時~16時に開催します。

「そんな年末の忙しい時に?」
「なんか、ずいぶん急な告知じゃない?」

しかたないんです! だってパブコメの締め切りが1月6日なんですから!

と、いうことで
「みんなでパブコメを送ろう」アピールに、協力していただける方を大募集です。
チラシ配りのお手伝い
パブコメやってみた報告
パブコメの送り方説明
パブコメの仕組みが分かる展示物
周囲の注目を集めるパフォーマンス
アピールの様子をネット配信してくださる方
などなど、どんどん集まってきてください!


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
民主党政権時代に、脱原発の方向へ動いていた、政府のエネルギー基本計画。
それが今、多くの国民の、そして世界市民の声を無視して
再度、「原発ゼロ」を否定する方向へと動いています。

総合資源エネルギー調査会から
「エネルギー基本計画に対する意見(案)」が提示されました。
これを受けて、来年早々にも、
エネルギー基本計画の見直し・閣議決定がされると言われています。

この「意見(案)」には、
発表と同時に「パブリックコメント(パブコメ)」の募集も始まりました。
この締め切りが1月6日なのです。

2012年夏の、国のエネルギー政策に関する国民的議論では
約8万9千件におよぶパブコメが寄せられ、
その9割近くが「原発ゼロ」を選択していました。
その声の大きさが、民主党政権に「原発ゼロ政策」を閣議決定させました。

パブコメは、1人1件という制約はありません。
まず、ひとこと提出。
もうちょっとゆっくり考えて2件目。
じっくりと文章を練り上げて3件目。
と、複数回、意見を示すことができます。

「パブコメを募集したが前回よりも意見が少なかった」
などと、政策転換への口実を与えるわけにはいきません。
前回を、一桁、二桁と上回るパブコメを政府の元に送りましょう。


【参考】
まずはこちら
[避難の権利ブログ]
http://hinan-kenri.cocolog-nifty.com/blog/

[第12回基本政策分科会 配布資料]
http://www.enecho.meti.go.jp/info/committee/kihonseisaku/12th/12th.htm

[新しい「エネルギー基本計画」策定に向けた御意見の募集について]
http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=620213015&Mode=0

[ISEPブリーフィングペーパー:エネルギー基本計画への政策提言]
http://www.isep.or.jp/library/5708

[自然エネルギー財団:「エネルギー基本計画」への提言]
http://jref.or.jp/activities/reports_20131202.php

Twitterを使える方はこちらもどうぞ
パブコメくん:@pubukomekun
ゼロノミクマ:@zeronomikuma
eシフト:@eshift
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

パブコメのコツ

転記します。短いのをたくさん出すのがコツだそうですよ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
★参考:パブコメのコツ
・パブリックコメントはエントリー。とにかく意見を提出しよう
・1通に1~3テーマ 一人何通でも構わない(長く書いても読まれないので、分かり易く印象的にパッと見て記憶に残ることが重要)
・40字くらいのキャッチコピー+ツイッターくらいの文字数で解説
・具体的でなくてもよい
・冒頭に自分の立ち位置を簡単に書くとベター(「子育て中です」「学生です」「避難移住者です」「京都好きです」etc)
main_line
main_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。