スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7月13日 ーあわじの取り組みにまなぶ学習会ー

ーあわじの取り組みにまなぶ学習会ー

7月13日(日) 13:30~15:30

神戸生活創造センターセミナー室(定員24名)
(JR神戸駅東南徒歩3分 神戸クリスタルビル5階)

講演:「あわじの取り組みに学ぶーエネルギーの未来は地域おこしから」
講師:兵庫県地域振興課副課長 岡明彦さん
主催:さよなら原発神戸アクション
問合せ先:高橋秀典 090-3652-8652 saltshop@kobe.zaq.jp


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
原発に頼らない社会をつくるうえで再生可能エネルギーの発展は不可欠
です。しかし、現在の大量消費社会の見直し抜きに持続可能なエネルギー
利用はできません。そして、電気や熱などを効率よく利用する地域分散型
のエネルギー社会を作り出すためには、地域の資源を見直して、地域でエネ
ルギーを作り出す「地域おこし」の取組がどうしても必要です。

岡さんは、兵庫県庁で「あわじ環境未来島構想」のプロジェクトを担当され、
淡路島のひとたちとともにエネルギーの地産地消にこだわった地域つくりを
推進されてきました。デンマークを訪問され、下記のPDFファイルの18ページ
報告されています。地域の資源(風や太陽光)は地域に還元されすべきとの
考えで、メガソーラーではない、住民主体のエネルギー活用を進めています。
http://www.city.sumoto.lg.jp/contents/F201301161831080.pdf

ぜひそのコンセプトを学び、さらには現地のフィールドワークにもとりくむ中で、
神戸のような大都市での取り組みのヒントをつかんでいきたいと考えています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。