『我が家のノンベク食生活~交流会~』より 市民放射能測定所について

11月17日に行われた
『放射能社会を生きる連続セミナー
    第3回 我が家のノンベク食生活~交流会~ 』

できるだけ放射能汚染されていない安全なものを食べたいという
さまざまな方向からのチャレンジや実践が紹介され
充実した時間となりました。

交流会の中で紹介された「阪神・市民放射能測定所」について
会場での質問への補足が届きましたので、こちらで紹介させていただきます。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
『阪神・市民放射能測定所』より

1.測定所のブログがあります。
http://hanshinshs.blog.fc2.com/
測定所への行き方(阪神電車西宮駅から徒歩3分)、予約の仕方などの他に
これまでの測定結果の一覧も掲載しています。
特に、測定結果については、随時、更新していますので
こまめにチェックしていただけたら、と思います。


2.測定時間は30分です。
準備や片づけも含めて1時間ほどです。
30分で怪しい値が出た場合は、3時間測定、24時間測定など
測定時間を延長して再測定します。(追加料金等は発生しません)
また、より詳細な結果を得たい場合には
関西の他の測定所に再測定を依頼したり
提携している大阪のゲルマニウム測定器で測定するなど
クロスチェック体制も整えています。


3.何ベクレルまで食べて大丈夫か?
もちろん、測定所が、この質問に明確な答えを出すことはできません。
できるだけ被曝を避ける、ということを前提として上で、
それぞれの食材の違いについても考えながら、測定結果を活用してもらいたいと思います。
汚染度は、1kgあたり何ベクレルという形で表しますが
実際に食べる量は、どれくらいなのか。
米と醤油では、1食あたりの摂取量がまったく異なります。
毎食食べるのか、週に1度なのか、年に1度なのか。
生で食べるのか、茹でて食べるのか、皮を剥いて食べるのか、骨まで食べるのか。
食材ごとの体内での吸収率の違いはどうか。
など、その食材がどれだけ汚染されているのか、と
その食材によりどれだけ内部被曝をすることになるのか、は
少し異なります。


4.ぜひ立ち会いを
市民測定所では、依頼者の立ち会いの元で作業を進めることができます。
行政が測定器を持っている場合、役所で無料で測定してもらえるケースがありますが
その場合は、測定物を送る(渡す)と、結果を知らせてくれるというものです。
自分で納得しながら、確認しながら、学びながら測定ができるところが
市民測定所の特徴でもあります。
ですから、測定品を預けたり送ったりして依頼することもできますが
ぜひ一度、立会いの上で測定をしていただきたいと思います。
平日も休日も対応可能です。


5.皆で出し合って
測定料金は1回2000円。
食材は1リットルの量が必要。
これをひとりで用意するのはなかなか大変です。
何人かで声をかけあって、測定に来るのもよい使い方だと思います。


6.測定依頼品のポイント
測定には、1リットルの量が必要です。
できるだけ正確にガンマ線を検知できるように
検出器の回りを覆うように検体を配置するのですが、
そのために、これだけの量が必要なのです。
ですが、実は量が少なくても測定はできます。
ただし、精度が低くなります。
1リットル測定の時に検出限界が1.5ベクレルであれば
0.5リットルで測定した場合には、検出限界が3ベクレルまで上がってしまう。
そのようなイメージで捉えてください。
詳しくは、実際に依頼される場合に
量が何グラムしかありませんと、ご相談ください。
また、放射能測定は、温度がとても大きく影響します。
室温と測定品の温度の差が大きいと、測定結果に狂いが生じます。
ですから、依頼品は、できるだけ常温でお持ちください。
また、測定後の依頼品は、原則は依頼者の持ち帰りとなります。
廃棄や郵送を希望される場合など、依頼の際に相談ください。

なお、測定が終わったものは食べられるのか?という質問もよくあるのですが
米や小麦粉などは、測定後も、まったく問題無く食用にできます。
肉・魚類は常温で取り扱う関係で、状況次第となります。
長時間測定を行うと、測定中に傷みが発生する場合もあります。


7.イベントも活用を
測定所では、主に月に一度、
「無料測定・見学会」や「測定研修・実習会」を行っています。
とにかく一度見てみたいという場合は
こういったイベントの機会もご利用ください。
イベントの日程はブログでチェックください。

放射能社会を生きる連続セミナー 第3回 我が家のノンベク食生活~交流会~

放射能社会を生きる連続セミナー
第3回 我が家のノンベク食生活~交流会~

なるべく放射性物質を食べ物から取り込まないように、
ノンベク=放射能汚染ゼロの食生活をめざして、
家庭でできる技と知恵をシェアしましょう♪

日時:11月17日(日)14:00~16:30(13:30開場)
場所:フォアベルク(VORWERK)神戸ショールーム
神戸市中央区磯辺通4-2-14エスリード三宮フラワーロード(東遊園地東向かい)

TEL:078-211-8800
MAP:http://www.vorwerk-kansai.jp/web/?page_id=44
参加費:800円(小学生以下無料)/ 原発避難者の方は400円

内容:
・手作りお菓子レシピや安心して食べられる市販のお菓子の紹介
・ノンベクお弁当のレシピ紹介
・手植え・天日干し神戸市北区産ノンベク米の紹介
・阪神放射能測定所の紹介
・脱原発のまちづくり応援~美浜原発の地元新庄地区の低農薬米と手作りグッズの紹介

会場では、ゼロベクレルを心がける食品などの
試食・紹介ブースの設置も予定しています。


予約は不要ですが、人数把握のためご連絡いただければありがたいです。
問合せ先:高橋 090‐3652‐8652
小橋 kaorukobashi☆hotmail.com(←☆を@に変えて送信ください)
主催:さよなら原発神戸アクション http://sayogenkobe.blog.fc2.com/

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
賛同団体(アイウエオ順)
給食@コミュニティー
原発の危険性を考える宝塚の会
神戸市給食の安全を考える会
食品公害を追放し安全な食べ物を求める会
生活協同組合兵庫いきいきコープ
生活クラブ生活協同組合都市生活
脱原発・明石たこの会
脱原発はりまアクション
花と爆弾-もう、戦争の暴力はやめようよ
兵庫県被爆二世の会
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

ノンベク交流会
      (クリックで拡大)

放射能社会を生きる連続セミナー 第2回 ―放射能から子どもの「食」を守る方法―

放射能社会を生きる連続セミナー 第2回
―放射能から子どもの「食」を守る方法―

日時 9月1日(日) 午後1時30分~4時30分
場所 神戸市勤労会館2階多目的ホール(JR阪神阪急三宮駅東南5分)
講師 垣田達哉さん(消費者問題研究所代表)


参加費 800円(原発避難者400円)
託児あり 事前に8月25日までにお申し込みください。
1歳半~就学前のこどもさん1人につき利用料500円。


講師プロフィール
垣田達哉(かきたたつや):消費者問題研究所代表/食品問題評論家
1953年岐阜市生まれ。横浜市在住。77年慶應議塾大学商学部卒業。
97年独立し、消費者問題研究所代表。04年、学校給食用食材の安心
安全を確保するための協力者会議委員に任命され『学校給食のための
食品「安全・安心」マニュアル』(全国学校給食連合会)の執筆者の
一人として参加。食品問題のプロフェッショナル。放射能汚染、中国
食品、BSE、鳥インフルエンザ問題などの食の安全や、食育、食品
表示問題の第一人者として、テレビ、新聞、雑誌、講演などで活躍す
る。「ビートたけしのTVタックル」「世界一受けたい授業」「はな
まるマーケット」「クローズアップ現代」など、テレビでもおなじみ
の食の安全の探求者。『ホントは怖い!加工食品の真実』(英和出版
社)、『複合被曝』『放射能から子どもの「食」を守る方法』(WA
VE出版)、『みんなが気になる食の安全55の疑問』(ソフトバンク
クリエイティブ)など著書多数。
 
東京電力福島第1原発事故以降、食品の安全基準が政府の都合でさま
ざまに変わり、食の放射能汚染が徐々に広がっています。「世界一受
けたい授業」などテレビでおなじみの垣田達哉さんを講師に、放射能
からこどもの「食」を守る方法を学びます

賛同団体(アイウエオ順)
給食@コミュニティー 原発の危険性を考える宝塚の会 神戸市給食
の安全を考える会 食品公害を追放し安全な食べ物を求める会 生活
協同組合コープ自然派兵庫 生活協同組合兵庫いきいきコープ 生活
クラブ生活協同組合都市生活 脱原発・明石たこの会 脱原発はりま
アクション 花と爆弾-もう、戦争の暴力はやめようよ 兵庫県被爆
二世の会

主催 さよなら原発神戸アクション 
http://sayogenkobe.blog.fc2.com/
問合せ先 高橋 090‐3652‐8652 
dfadl300@kcc.zaq.ne.jp

さよ原1309講演会チラシ

PDF版のダウンロードはこちらへ
http://sayogenkobe.web.fc2.com/130901_001.pdf

5月26日 連続学習会「被爆者医療から見た原発事故」

内部被曝からこどもを守りましょう
放射能社会を生きる連続セミナー
 

第1回 被爆者医療から見た原発事故

日時 5月26日(日) 午後1時半~4時半
場所 神戸市勤労会館308号室(JR阪神阪急三宮東南歩4分国道2号線山側)
講師 郷地秀夫さん(東神戸診療所)
参加費1000円(原発避難者無料)
ボランティアによる託児あり(5月19日までにお申し込みください)


講師プロフィール
郷地秀夫さん
 1947年東広島市生まれ。
 東神戸病院院長を経て現在、東神戸診療所所長。
 精神科・神経内科・リハビリテーション科・緩和医療などに
 携わりながら被爆者医療に取り組む。
 著書「被爆者医療から見た原発事故」(かもがわ出版)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
東京電力福島第一原発事故によって、
私たちは放射能社会を生きていることを実感するようになりました。
放射能の人体への影響についてICRPなどの国際基準が作られていますが、
信じていいのでしょうか?

兵庫県下2000人の被爆者に関わってきた郷地秀夫さんに、
福島原発事故による放射能の放出状況、広島長崎の被爆との違い、
人体への影響を考えるうえでのICRPなどの国際基準の見方、
現在問題になっている福島県の健康管理調査結果のとらえ方などについて伺います。
いっしょに考えましょう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


主催 さよなら原発神戸アクション
問合せ先 高橋 090‐3652‐8652 dfadl300@kcc.zaq.ne.jp

5月11日現在の賛同団体(アイウエオ順)
 あんしんたべものくらしネットワークあしの会
 給食@コミュニティー 
 神戸市給食の安全を考える会
 食品公害を追放し安全な食べ物を求める会
 市民社会フォーラム
 生活協同組合コープ自然派兵庫 
 生活協同組合兵庫いきいきコープ
 脱原発はりまアクションの会 
 花と爆弾-もう、戦争の暴力はやめようよ
 兵庫県被爆二世の会 
 放射能防御プロジェクト近畿

※引き続き、賛同団体を募集しています。

20130526a.jpg
main_line
main_line