もんじゅを廃炉へ!全国集会

 政府は「もんじゅについては、廃炉も含めて今年中に結論を出す。」と言っている。

 ナトリウ火災事故を起こしてから満21年の今年。

 絶好の機会だ! みんなの力で「もんじゅを廃炉へ!」と追い込もう。

神戸から敦賀までの往復は、JR「秋の関西1デイパス」を利用して3600円で行けます。
敦賀駅前―白木海岸―プラザ万象の貸切バスは「福井県平和センター」へ電話で予約申込。
この時に、お弁当もお願いしておくと便利です。

■2016/12/03 もんじゅを廃炉へ!現地全国集会(敦賀市)

monjusyukai_s.jpg 

 

日 時:2016年12月3日(土)午前11時~午後5時

スケジュール:

 午前11時~12時 現地抗議集会と原子力機構ヘ申し入れ

  場所:白木海岸

 午後1時~3時 もんじゅ廃炉を求める全国集会

  場所:プラザ万象(敦賀市東洋町1-1 TEL 0770-22-9711)

  講演:

  「もんじゅを安全に運転することは出来ない」 弁護士 福武公子氏

  「もんじゅは、廃炉にすべき」 元内閣総理大臣 菅直人氏

 午後3時~5時 敦賀市内デモ プラザ万象~敦賀駅前

 

敦賀駅からもんじゅ行のバス:

 9時40分から10時まで3台のバスを用意しています。往復1500円。

 事前申し込みが必要です。

 

主 催:'16もんじゅを廃炉ヘ!全国集会実行委員会

呼びかけ団体:原子力発電に反対する福井県民会議/原水爆禁止日本国民会議/

       原子力資料情報室/ストップ・ザ・もんじゅ/

       反原発運動全国連絡会/脱原発若狭湾共闘会議

連絡先:原子力発電に反対する福井県民会議・福井県平和センター

    〒910-0859 福井市日之出3-9-3 TEL 0776-25-7784 FAX 0776-27-5773

-------------------

12月2日(金)午後5時~ 全国原発・原子力施設立地県交流会

場所:商栄会館2F 敦賀市白銀町4-25

11月15日(日)は『規制基準はゆるすぎる! 原発再稼働を止める集会 PARTⅡ』

「規制基準は緩すぎる!原発再稼働を止める集会 PARTⅡ」

11月15日(日) 午後1時~午後5時
あすてっぷ神戸 セミナー室1

==========================
昨年5月21日、福井地方裁判所は大飯原発3.4号機の運転を差し止める画期的な判決を言い渡しました。
判決は、人びとの生命や生活に関わる「人格権」こそ最高の価値であり
「豊かな国土とそこに国民が根を下ろして生活していることこそ国富である」として、
原発の安全神話もコスト論も根底から否定しました。
ところが 政府、原子力規制委員会、電力会社は、こうした司法の声も国民世論も無視して
8月には九州電力川内原発1号機を起動させ、続いて関西電力高浜3,4号、四国電力伊方3号炉と、
次々に原発を再稼働させようとしています。
規制委員長自身が「規制基準に適合しても安全とは言わない」と公言しているとおり、
規制基準は「世界一厳しい」という安倍首相の根拠のない断言とは似ても似つかず、
大事故を防ぐのではなく大事故を前提に、穴だらけの対策を追加したものにすぎません。
 未だに隠ぺいされている東電福島原発事故の真相を検証し、
福井地裁判決と高浜3・4号運転禁止仮処分の成果を改めて確認し、
全ての原発の停止、廃炉に向けた運動を広げていきましょう。

■と き 11月15日(日) 午後1時開場~午後5時閉会
■ところ あすてっぷ神戸 セミナー室1
JR「神戸駅」徒歩7分
神戸市営地下鉄 「ハーバーランド駅」徒歩7分、「大倉山駅」徒歩3分
神戸高速鉄道「高速神戸駅」徒歩3分
http://www.city.kobe.lg.jp/life/community/cooperation/asuteppu/
■講演
●「福島事故の検証なき新規制基準とは何か」
講師:田中三彦さん(元国会事故調査委員)
元原子炉設計技術者、国会事故調査委員会委員、
また、現在も有志による「もっかい事故調」「新潟県原子力発電所の安全管理に関する技術委員会」委員として
事故の真相究明に尽力されている田中さんに、隠ぺいされ続ける事故の真相、規制基準の問題点を語って頂きます。
●樋口判決を守り、高浜も大飯も止める!
講師:寺田昇市さん(大飯原発運転差止訴訟弁護団)
あの画期的判決を勝ち取った大飯3・4号差止め訴訟の弁護団の一員として活躍された寺田弁護士に、
勝訴に導いた規制基準の問題点、控訴審の現状と勝利の展望についてを語っていただきます。

主 催 さよなら原発神戸アクション
http://sayogenkobe.blog.fc2.com/
問合せ 高橋秀典 090-3652-8652
==========================

さよ原1511集会チラシ表面

さよ原1511集会チラシ裏面

8月9日(日)は『規制基準はゆるすぎる! 原発再稼働を止める集会』

『規制基準はゆるすぎる!原発再稼働を止める集会』

日時: 8月9日(日) 午後1時半~5時
場所: 神戸まちづくり会館2階ホール(JR阪神元町駅西口西南歩7分)
参加費: 1000円
http://www.kobe-machisen.jp/access/

◀内容▶
☆ 講演「高浜仮処分決定を活かし裁判闘争で再稼働を止めよう」
講師 井戸謙一さん(弁護士)
1979年 裁判官任官 2011年 退官(在官年数32年)現在 弁護士
☆ 講演「規制委を監視し緩すぎる規制基準の抜本的見直しを」
講師 阪上武さん(原子力規制を監視する市民の会)
福島老朽原発を考える会(フクロウの会)代表/原子力規制を監視する市民
の会メンバー
休憩のあと質疑
☆ 特別報告「自治体要請などで再稼働反対の世論つくりを」
島田清子さん(美浜・大飯・高浜原発に反対する大阪の会)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2015年4月14日に福井地裁は、現在の原子力規制基準を「ゆるすぎる」と
断定し、関西電力に高浜原発の運転を禁止する仮処分を決定しました。
この決定は、現在進行中の「異議審」において打ち消されない限り有効です。
司法の力で原発再稼働を止めたのです。
関電が合法的に再稼働できない間に、決定を活かして再稼働反対の世論や
力関係を作りましょう。

井戸講演では、高浜仮処分決定を水平展開させて全国の原発を止める
裁判闘争の方向性を明らかにします。阪上講演では、原子力ムラの虜に
なってしまった規制委の現状と、緩すぎる規制基準の抜本的見直しに向けた
取り組みを明らかにします。そして島田報告では、関西広域連合が安全協定や
避難計画・指針の問題などで事実上政府に再稼働不同意の申し入れをしている
状況の中で、関西の地方自治体を住民の命を守る立場に立たせていく
取り組みについて報告していただきます。

みなさん、どうぞご参加ください。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


主催 さよなら原発神戸アクション http://sayogenkobe.blog.fc2.com/
問合せ 高橋秀典 090-3652-8652 saltshop@kobe.zaq.jp
さよ原1508集会チラシ表2

さよ原1508集会チラシ裏2

2月21日(土)は高浜原発再稼働反対 兵庫県庁包囲行動

《高浜原発3・4号機の再稼働はさせないで 2.21兵庫県庁包囲行動》

日時 2月21日(土)14:00~15:00
場所 兵庫県庁2号館前(JR阪神元町駅西口北へ歩5分)

出発集会内容
主催者あいさつ 金持徹さん(神戸大学名誉教授、原発なくす兵庫の会共同代表)
福井からのアピール 中嶌哲演さん(明通寺住職)
スピーチ 橋本銀河さん(ゼロこねっと)
歌 「種をまこうよ」 小野純一さん(脱原発はりまアクション)

14:30 デモ出発 時計と反対向きに2・3号館をコールしながら歩き包囲する
14:45 ヒューマンチエーン完成(ネット中継やスマホなどで実況中継)
15:00 終了
15:30~17:00 「原発立地住民との交流会」
神戸市教育会館404号室(定員84人)(兵庫県庁山側を東へ200m)
中嶌哲演さん(明通寺住職)児玉正人さん(原発なしで暮らしたい丹波の会)
と交流します。

コールは高浜・川内原発再稼働反対、日本のどこにも原発いらない、
広域連合再稼働とめろなどなど

シンボルカラーは緑(グリーン)です。緑の上着や帽子、タオルや布など
緑のものを持参して身にまとってください。

雨天決行です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
関西広域連合は2014年12月25日、7項目の要望書を政府に提出し、
30キロ圏内などの周辺自治体に再稼働の同意権など盛り込んだ
安全協定などがなければ高浜原発の再稼働を容認できないとしています。
しかし一方で、京都府などが関電の回答権のみの安全協定を結ぶ動きもあり
予断を許しません。

関西広域連合が2年前のように再稼働容認に転じないように、市民の力を集め
ましょう。
関西広域連合の事務局のある兵庫県庁を包囲して、再稼働反対の世論を
突き付けましょう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

===========================
<よびかけ団体>
原発をなくし自然エネルギーを推進する兵庫の会 
ゼロこねっと http://blog.livedoor.jp/zeroconet/
さよなら原発神戸アクション http://sayogenkobe.blog.fc2.com/

<賛同団体>
原発の危険性を考える宝塚の会
原発をなくそう芦屋連絡会
さいなら原発尼崎住民の会
脱原発明石・たこの会
脱原発はりまアクション
地域に生きる川西市民の会
===========================

10月19日『原発差止め判決は覆せない!神戸集会』

原発差止め判決は覆せない!神戸集会


日時:10月19日(日)午後1時50分~5時
場所:兵庫県私学会館302号室(定員130人) JR阪神元町駅北西歩3分

講演 「原発差止め判決は覆せない!」

井戸 謙一さん(元金沢地裁裁判官)
「地震国ニッポンで原発稼働は無理!京都訴訟の訴え」

竹本修三さん(大飯原発差止京都訴訟原告団長・京大名誉教授)



参加費 1000円
主催 さよなら原発神戸アクション
連絡先 高橋 090-3652-8652 saltshop@kobe.zaq.jp

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
井戸謙一さんは、1999年に志賀原発2号機の建設運転差止め判決を出された
裁判官です。5月に出された福井地裁の大飯原発差止め判決の意義、とくに311
原発事故後に司法がどう変わったのかを分かりやすく説明していただきます。

竹本修三さんは、大飯原発の差止めを求める京都訴訟の原告団長で、地震の
専門家でもあります。京都訴訟で3000人の原告参加をよびかけられています。
原発差止め判決を確定していく取り組みにあなたも参加してください。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

井戸謙一(いど けんいち)さん プロフィール
1954年 大阪生まれ 1979年 裁判官任官 2011年 退官(在官年数32年)
現在 弁護士(滋賀弁護士会所属)

竹本修三(たけもと しゅうぞう)さん プロフィール
1942年 埼玉県秩父市生まれ。 京都大学理学部卒。理学博士。 京大防災研究
所助手、京大理学部助教授、京大大学院理学研究科教授を経て、2006年3月に
定年退官。日本学術会議測地学研究連絡委員会委員長、日本測地学会会長、
地震予知連絡会委員、 国立天文台運営協議員・運営会議委員などを歴任。
専門は、固体地球物理学・測地学。

さよ原1410神戸集会ちらし
main_line
main_line