原発立地 福井とつながる取り組み 2

point037_06.gif シリーズ 若狭の原発立地 現地からの報告 PART2

なぜ「原発で若狭の振興」は失敗したのか

  • 日時 2017年10月1日(日)13:30~16:30(開場13:00)
  • 場所 神戸市勤労会館308号室(定員120名)(JR三宮東南歩4分)
  • 講演「なぜ、原発で若狭の振興は失敗したのか?」山崎隆敏さん(元越前市議)
  • 講演「樋口判決を守り抜こう」島田広さん(弁護士)
  • 参加費 800円(学生・避難者400円、高校生以下無料)
  • 主催 さよなら原発神戸アクション 
  • 問合せ先 高橋秀典 090-3652-8652 saltshop@kobe.zaq.jp

  私たち電力の消費地で暮らす市民は、福島をはじめとする電力供給地のことをどれだけ知っているでしょうか?若狭は世界一の原発立地地域です。15基の原子炉が人口14万弱の地域にひしめいています。2011年のフクイチ事故後、原発事故の恐ろしさは誰もが知るところとなり、世論調査で脱原発を求める声が多数を占めるのはほかの地域と変わりません。 
 ではどうすれば立地地域の方々と脱原発の声をいっしょにあげられるのか? シリーズ1回目の講演会では、毎日新聞高橋一隆記者の講演を通じて、立地中の立地である高浜町音海地区でおきている変化を知りました。
 今回の山崎隆敏講演を通じて、原発で地域振興などできないという現実を知り、立地住民とともに原発に頼らない道を探ります。 
 また、フクイチ事故後の司法の良心が生み出した大飯原発差し止め裁判福井地裁判決(樋口判決)を守り抜こうとしている立地の人々がいます。大飯原発福井訴訟弁護団長の島田広弁護士の講演を通じて、毎月20日に名古屋高裁金沢支部に公正な控訴審判決を求める行動への参加を呼び掛けます。
 フクイチ事故を忘れない思いを共有し、電力の立地と消費地の住民が手を携える道を見つけましょう。どうぞご参加ください。

さよ原1710チラシ_imgs-0001

               福井のイヌワシと原発

原発立地、福井とつながる取り組み

さよなら原発神戸アクションの活動の柱の一つに「福井とつながる取り組み」があります。
原発立地の抱える様々な問題について、立地地域で奮闘されている方たちと連帯し、学び合いながら、原発のない地域への転換を応援する・・そんな思いを込めて様々な活動を行っています。
その一環として、このたび新たに「シリーズ 若狭の原発立地 現地からの報告」を企画しました。

point037_06.gif シリーズ 若狭の原発立地 現地からの報告 PART1

さよ原1708講演会チラシ_imgs-0001 
point037_06.gif シリーズ 若狭の原発立地 現地からの報告 PART2(予告)

さよ原1710チラシ_imgs-0001

  なぜ「原発で若狭の振興」は失敗したのか

 講師 山崎隆敏 さん 
 2017年10月1日(日) 13:30-
 神戸市勤労会館 308号
 ※詳細は左の画像をクリック

コンセントの向こうは原発!

point037_06.gif 原発依存を止めない関電の電気 不買運動を

 私たちは、関電包囲、デモ、集会、講演会、学習会、映画上映会、裁判、株主総会、様々に闘ってきましたが、関電は原発推進を改めようとはしません。6/28の関電株主総会に出席し、役員たちの顔を見、その発言を聞き、彼らの原発依存体質の根深さを痛感しました。

関電はその電力独占にあぐらをかき、どんなに反対があっても無視し、私たちの電気代で原発を推進してきました。昨年4月までは、悔しくても関電の商品である「関電でんき」を買わざるを得ませんでした。でも、今は違います。「関電でんき」以外にいろいろな新電力と契約することができます。

関電は、節電や電力自由化で電力販売量を減らしてきました。販売量では全国第3位に転落しています。

2017年5月末、関電から新電力への切り替え件数は約83万6000件に達していますが、東電の205万7000件と比べれば、まだまだ脱関電している人は少なく、関電は「ホッ」としています。

 image002.jpg

 https://www.occto.or.jp/system/riyoujoukyou/170609_swsys_riyou.html


 原発反対の世論調査では、多いときで8割、少なくても6割の人が脱原発でした。単純に考えて、全国で約6253万件の契約者のその半分でも新電力に切り替われば原発推進電力会社の経営は傾きます。

しかし、期待に反して新電力への切り替えは進まず、5月末で395万4900件、全体の6.3%でした。

新電力切り換えアンケートでも約4割の人は切り替えにメリットがないとして旧電力に残留すると表明。

 

このような状況下、2017年4月から、組合員約168万8000人の「コープこうべ」が電力共同購入に参入しました。事業エリアは、兵庫県、京都府、大阪府北部にまたがっています。

http://www.kobe.coop.or.jp/about/organization/info.php

わずか3ヶ月間で1万5000世帯が関電から離脱し、「コープでんき」に切り換えています。

このエリアで「脱関電」の勢いを続けなければなりません。

 関電のスイッチング件数が100万、200万件と増えていけば、関電の経営に大きな打撃を与えることができます。原発依存経営を続ければ会社が成り立たなくなるというとこへ追い詰めなければ、関電が原発依存経営を改めることは絶対にないと思います。

 これ_s

電気代が高い安いの問題だけではなく、原発の電気は嫌だということが大事です。とはいっても料金も気になりますね。各社の電力料金は、多く使うほど安くなるメニューが多く、これでは電力大量消費を誘導するようなものです。「コープでんき」は低消費の家庭でも関電よりは年間で少しはお安くなります。大阪ガスの電気だと低消費家庭は年間でとても高くなります。それやこれや色々勘案して、今「関電でんき」を使っている方で「どこにしていいかわからない」「よく知らない会社だと不安」と言う方は、後でより望ましいと思うところに乗り換えるのも簡単、申込だけでOKですから、新電力入門としてとりあえず「コープでんき」というのもありではないでしょうか。シミュレーションができるサイトで、一度ご検討ください。

http://denki.kobe.coop.or.jp/


最後に、原発の電気じゃないからとか安い電気に変えたからとかで、いくらでも使うのはやっぱり考え物。エネルギー消費の拡大はひいては様々な資源の消費拡大、環境負荷の増大にもつながります。省エネ、節電も忘れずに。

 

main_line
main_line