福島県浪江町民の生の声を聴いてください

帰還率4.3%~避難指示解除から1年の現実

「もう帰れないからね。仕方がない」――浪江町民「ばらばら」の歳月 


■お話:・ 今野寿美雄(こんのすみお)さん
■日時:2018年5月23日(水) 18:00~20:30 (17:45 開場)
■会場:神戸生活創造センター セミナーB室(JR神戸駅出口徒歩3分)
    http://www.sozoc.pref.hyogo.jp/access.html
■参加費:無料(カンパをお願いします。)
■問い合わせ: 高橋 090-5886-8364 bugad205★hi-net.zaq.ne.jp(★=@)
■主催:さよなら原発神戸アクション

東京電力福島第一原発事故から7年2ヵ月、まるで原発事故など無かったかのように、この国では無責任な政治・政策により、崩壊への流れにまっしぐらの様相です。

3.11で明らかになったのは、「事故の際には現地住民を守らない社会」でした。汚染された場所への無理矢理とも言える帰還が押し進められています。昨春には「帰還困難区域」を除くほとんどの区域の避難指示が解除され、また区域外避難者(自主避難者)への住宅支援が無情にも打ち切られてしまいました。

そして、原発の再稼働は安全をないがしろにして進められています。関西電力は、次々と原発の再稼働を進め強行しようとしています。関西に住む私たちも他人事ではありません。いつか「我が身のこと」になる日が来るかも知れません。

犠牲を強いられている「福島の声」をしっかり受け止めるため、 浪江町から避難し、「子ども脱被ばく裁判」の原告団代表で、他の原発関連裁判を支援者として支えている今野寿美雄さんをお招きし、“福島の今”をお話していただきます。被災者として、父親として、また元原発作業従事者としての今野寿美雄さんのお話を聴いてください。 

【今野寿美雄さんのプロフィール】
1964年、浪江町生まれ。3.11事故の前までは福島や女川、東海の原発、JAEAもんじゅなど原子力関連の現場で電気設備や機器の建設・点検作業などにあたっていた。被災後は全町避難となった浪江町には住めず、福島市に避難。それまでの仕事をやめて、現在は被災地の支援活動、「子ども脱被ばく裁判」原告団長、他の原発関係訴訟の支援者として活動中。

■当日は、原発避難者で兵庫県在住の菅野みずえさんもお招きしています。原発避難後の生活、また原告となられている原発賠償訴訟関西への思いなどをお話しいただきます。

放射能を学び、福島の今を知る

神戸学生青年センターの常設連続セミナーの一つで食の安全をテーマとする「食料環境セミナー」の6月~7月は放射能汚染、東電福島原発事故関連をテーマに開かれます。
福島原発事故からすでに7年が経過しましたが、福島原発からは未だ膨大な放射能が放出され、福島の人々の健康を脅かしています。今も原子力緊急事態宣言発令が続く中、東電も政府もその責任を認めないまま、帰宅困難区域の一部解除、自主避難者の住宅支援打ち切りなどの対応は理解に苦しむものです。福島の現状から目を離すことはできません。関西に住む人々の健康・生活にも無関係ではありません。8年目に入った今あらためてこの問題に向き合いたいと思います。

◎2018年5月23日(水)午前10時30分~12時
「 放射能って何? 」
 食の安全と環境問題の専門家の話を分かりやすく解説する元科学者 三原 翠さん
日本の放射能汚染状況を知るために東北、関東などの各地の土壌測定を続けておられる三原翠さんは40年にわたり食の安全と環境問題に関わるお仕事に携わってこられました。もともと東京にお住まいでしたが数年前から神戸にもお住まいを持たれ、東京と行き来する中、汚染区域で暮らす方々や避難者の方々に寄り添う厚い支援も続けておられます。放射能や内部被曝の事など科学者の観点からの専門的な研究、情報のみならず、私達にとって難解な放射能、放射線、その影響を分かりやすく解説してくださいます
★★開催要領はページ末★★

◎2018年6月27日(水)午前10時30分~12時

「 原発事故後を生きる私たち 」
 いわきの初期被曝を追及するママの会 代表 千葉 由美さん

千葉さんはいわき市で事故後、母親同士のネットワークを立ち上げました。2013年開始の子供たちを被曝から守るための活動「TEAMママべク子どもの環境見守り隊」では、保育所、幼稚園、小・中・高校の校庭やその周辺の放射線量の測定を週2回行い、現在も継続中です。又、不安に思う人々が孤立しないように繋がり交流するコミュニテイの場として「ママcaféかもみーる」を定期的に開催し汚染地で暮らす人々の支えの場となっています。目に見えない放射性物質と戦う千葉さんのこの7年間の奮闘と今・・その現状をお聞きします。
★★開催要領はページ末★★

◎2018年7月25日(水)午前10時30分~12時
「福島から母子避難7年『避難の権利』と憲法~国連人権理事会で世界に伝えた母たちの願い・子どもたちを被ばくから守って!~」
                 
東日本大震災避難者の会 Thanks&Dream代表、原発賠償関西訴訟原告団代表 森松明希子さん
原子力発電所の事故による今も続く数々の人権侵害について、20183月に国連人権理事会でスピーチをされたことは、マスコミでも取り上げられましたのでご存知の方も多いことでしょう。
「放射線被曝から逃れ健康を享受する権利」、「平和に生きる権利」の確立を求めての活動および国連での訴えについてお話いただきます。
★★開催要領は下記★★

●会場:神戸学生青年センターホール
(阪急六甲下車徒歩3分、JR六甲道下車徒歩15分)
●参加費:600円 ※託児(無料)があります。
必要な方は前々日までに予約してください。
●主 催 : (公財)神戸学生青年センター
〒657-0064 神戸市灘区山田町3-1-1
TEL 078-851-2760  FAX 078-821-5878
ホームページ http://ksyc.jp  e-mail info@ksyc.jp

4月 マルイ前アクション

20180415_マルイ前 

4月15日、さよなら原発神戸アクションの月例行動=マルイ前アクションを行いました。脱原発の思いを同じくする多くの皆さんにお集まりいただき、オリジナルチラシも撒きながら元気に楽しくアピールしました。
以下、吟遊詩人舎 望月逸子さんのレポートです。
***************************************
皆様、昨日はマルイ前に多数お集まりいただき、有難うございました。
望月は午前の段階で、お天気等に揺さぶりをかけられてしまいましたが、Eさんの穏やかながら芯の強いご決断のお言葉や、Mさんからの気象情報などに背中を押して頂き、予定通り決行できまして
本当に良かったと思います。 
 皆様方の温かいご支援に、心より感謝しています。
 アクションの音を支えて下さったのは、勿論Hさんです。
 開始前は、《フライング・ダッチマン》の歌を流して下さっていました。
今月も大船〈Hさん号〉で、安心して2時間の航海ができました。

1・始めの挨拶 ★さよげん世話人 Sさん

 「原発は 一たび重大事故を起こせば、生活・職場・仕事を奪ってしまいます。人類の手に負える装置ではありません!」
強い信念と怒りがこもるスピーチで、アクションはスタート!

2.オープニング『We shall overcome 』『アンパンマンの歌』 ★Yさん

 感じの良い少年たちが興味深そうに観てくれていて、すかさずSさんが彼らを前に誘って、『アンパンマンの歌』を一緒に歌ってもらいました。
 『アンパンマンの歌』は、彼らの幼い頃のsoulミュージックなのかもしれません。
 その素敵な光景に、みんなの頬も同時に緩みました。 
後で聞くと、中2の仲間たちだそうです。そして「ぼくらも原発反対です!」と言って帰って行きました。ジンときて嬉しかったです!

 この国は、次代の若い芽を安心安全な環境で育てることより彼らの生活も命も脅かすアブナイ物を育てる事に躍起になっていますが、この真っ直ぐな人たちは、ちゃんと分かって立ち止まってくれていたのだと胸がいっぱいになりました。

3・詩の朗読 二階堂晃子作『ぶっしあわせ』 ★望月逸子

 二階堂さんは、福島在住の詩人です。今回初めて自作以外の作品を、ご本人の了解を得て、人前で朗読させて頂きました。
 アクションの前に、福島出身のアカリさんに方言指導をして頂いていたのですが、本番になると何もかも忘れていたと思います;
  初めてこの作品を詩の雑誌で読みましたとき、強く胸に響き、どうしてもマルイ前で朗読させて頂きたくご本人に手紙を書き、ご快諾頂きました。
 まだ一度も作者にお会いしたことはありませんが、朗読をしながら、二階堂さんが望月の中に入り込んで語られているような、不思議な感じを覚えました。

4.歌『山の歌』 ★アカリ★トバリ さん

 「静岡県の山菜から、放射性物質が出たと新聞に載っていました。
 放射性物質は、皆さんの住んでいる場所にも、お爺ちゃん お婆ちゃんの思い出の場所にも降るかもしれません。」との前説で始まりました。
 『山の歌』は、アカリさんが福島の婆ちゃん・爺ちゃんを想って作られた歌です。
 ♬「優しい緑に誘われて、山さいくべと 婆ちゃんが云う・・・・・
  山ん中では わけえもんみてえに さっさと歩いてタラの芽採り
  来年のため 全部は採るな 欲をかいたら 山を枯らす」♬  

 高音のサビの部分をからだ全体で熱唱されるアカリさんと、その全存在をギターの音色で受けとめ響かせるトバリさん。お二人の静かで素敵な響演に拍手喝采が起きました。

5.歌 『この村で』『売国奴』 ★ヤマトースミス さん 

 ヤマトーさんのお歌の歌詞は、批判のリズムで出来ています。
昨日はお連れ合いとお嬢さんもご一緒に三宮に出て来られ、待ち合わせて帰られたようです。ヤマトーさんの歌の強さは、ただ激しいだけでなく、《護るべきもの》の土台に根を張った強さなんだなあ・・・と、昨日感じました。

6.福島レポート ★Eさん

 Eさんは、声高に物を云われません。福島に行かれ見て来られた事実をそのまま淡々と云われるのです。それが後になって、聴いた者の胸を絞ります。
  例えば飯館村の村長は、村民の声を聴こうとせず、強引に村の小学校を開校させたが、全校児童104人中96人は、校区外からスクールバスで通っているとか。
 子どもの健康や安心できる生活を大切に想えば、形だけ体裁を整えることに、子どもを使えないはずです。
 そして歌は『一握り人の罪』でした。幼稚園児の頃からジュリー一筋の衛藤さん。ジュリーには、長生きしてほしいです。

7.歌『何とかしてくれ原発を』★大音さん

  『This Little Light of mine』 ★Aya.Motomuraさん
 大音さんの大人のブルースは、どんどんマルイ前に根付いてきています。
「家も畑も金も命も奪う」原発を「何とかしてくれ」という心の叫びが、ジンと伝わり、後々まで響きます。
 綾さんは、英語の歌を歌っておられる時、外国の人も立ち止まって聴いてくださっていましたので、これからも神戸では、時々英語の歌も歌いたいと後で述べておられました。
 又、お仲間もお二人もご一緒に参加され「みんなで決めよう国民投票」のシール投票も、同時にされていました。「原発などの大事なことは、誰かに任せるのでなく、みんなで決めよう!」と言われていました。

8.原発賠償訴訟 ★Mさん

 国と東電を相手取った原発賠償訴訟は、全国で30あります。
しかし、事故調は全く反省もせず、ボロボロの原発を動かすのです。
 避難者がゼロになった時、原発事故は終わったことに;・・・
 原発事故後も、そんな《理不尽》が大きな顔をしているようですが、それを許さないためにも
「5月24日の兵庫訴訟と、5月31日の関西訴訟にみんなで多数参加し、国と東電がどんな顔で座って居るのか見届けよう」とのことでした。

9.替え歌 ★Sさん

 この日は、『いい日旅立ち』のメロディーで
「♪原発とめよう!フクシマに学ぶなら 地球を傷つけぬ電気 選ぶべき・・・」や『365歩のマーチ』のメロディーで
「♪原発は核のゴミだす。だからみんなで止めようね。
一日1トン三日で3トン、溢れてもうすぐ2万トン
安倍晋三にワンツーパンチ!原発再稼働許せない! ・・・・・」と
素晴らしく良くできた替え歌をご披露してくださいました。

10.歌『ずっとあんたが嫌いだった』 ★小野さん

 嫌いな「あんた」に《原発》を入れても《安倍》を入れても良いそうです。
「嘘つきが総理大臣になっている国、どないなってんねんこの国!」
  ♬「苦労知らずの親の七光り
   劣等感の塊で
   本当は弱虫」♬
 安倍内閣支持率が現在31% 不支持が52%(朝日新聞4月16日)
 ようやくマルイ前の主張に、世間が近づいてきました。

11.エンディング

 『種を播こうよ』  ★小野さんとみんな

 色々あったこの日のマルイ前アクションですが、これを歌っている時、無事に終わること、皆と共に在ること・・・・様々な喜びに満たされます。
 小野さん、名曲を生んで下さって有難うございました。
ビラまき隊の皆さん、ありがとうございました。

main_line
main_line