fc2ブログ

雨にも負けず…マルイ前アクション

 6月のマルイ前アクションは、俄雨という天からの《贈り物》がありましたが、見事なチームワークであっという間に青いビニールシートの屋根をつけ、機材をポリ袋で保護する等、迅速適切な対応で無事終わることができました。


1.はじめの挨拶~小橋さん

kobashi_201906261554053ef.jpg  神戸空襲で1万人、全国で57万人ほどの人が空襲で死亡。
「逃げるな消せ!」と国民に言っていた戦時下の日本と、福島の原発避難者に「原発大丈夫」と帰還を促し、体に悪いから集めた汚染土を、再利用させる今の日本が重なる。

2.歌『霧笛の街』 『枯葉』~中山さん

nakayama.jpg 矢谷さん作曲の『霧笛の街』を、大きく口を開きよく徹る声で歌う中山さん。
自作『枯葉』の3拍子には、タイトルからは想像できない強烈なエネルギーがこもる。





3.原発賠償訴訟~松本さん・今泉さん

 pokapoka.jpg 枝野元官房長官が、「原発事故は直ちに人体に影響はない。」と云ったが、実際は、チェルノブイリを上回るような事故であった。
 東電社員の子や孫だけ、住民に知らせる前に逃がしていた?!
    ~原発賠償訴訟日程~
   7月18日(木)14時から神戸地裁
   8月22日(木)14時から大阪地裁 
 市民のたくさんの目が見守っていることは大きな力に。多数ご参加ください。

4.年金問題~横林さん

 yokobayashi_20190626162311e7c.jpg政府の仕掛ける大変なペテン。今まで基礎年金が60歳から、65歳過ぎたら自動的に満額年金が支払われていたが、今後自己申請しない人には、自動的に満額支給が70歳からに延期される!気を付けてください。
 国民の命や生活に直結する事が、知らない間にどんどん脅かされていく。


5.歌~《 No nukes one love 》~渉さん

wataru.jpgeverything gonna be all right!!
「恵みの雨をきれいにして、100年、200年先もやってやっていきましょう!」
 という渉さんの言葉が光る。 扇風機の前に洗濯物を干すと、気化熱クーラーになるという省エネアイディアも。


6.歌『真実は沈まない』『阿武隈川』~菅野さん

 sugano.jpg『真実は沈まない』は、韓国のセオル号沈没事故に由来する歌。
 日本の国会議事堂包囲の闘いで広まる。
♬「闇は光に勝てない 嘘は誠に勝てない 真実は沈まない 私たちは諦めない」
このフレーズに勇気を頂く。


7.歌『生きてることがつらいなら』(手話歌)~ここゆるさん

kokoyuru.jpg
   『打ち上げ花火』
「♬生きてることが辛いなら いっそ小さく死ねばいい 気がつきゃみんな年とって おんなじとこに行くのだから・・・・・」
森山直太朗の歌を美穂さんの美しい指が歌う。


8.『涙のリクエスト』『島人ヌ宝』替え歌~住友さん

sumitomo_20190626155414f1c.jpg♬ 「核のゴミ出す原発止めて、お願いだから どこにも捨て場のないゴミ、もうすぐ2万トン」チェッカーズの軽快な曲に、地球で一番深刻な問題がのる。



9.『原発やめて』『Ret It Shine』~スカピンさん

sukanpin.jpg  真っ直ぐ透る綾さんの声と歌詞の内容がぴったり寄り添う
『原発やめて』は、ただの替え歌でなく、真実の叫び。
 そして同名の映画『Let It Shine』の主題歌。聴けば誰でも耳にしたことのある元気の出る曲を絶妙のハーモニーで。


10.『REVEL SONG』『僕の夢』 ~小野さん

ono_0.jpg『REVEL SONG』は、小野さんが辺野古基地建設反対の闘いで何度も辺野古に通われ、そこから生まれた価値ある反逆の歌。
「心のナイフを研いでおけ 必ず使う時が来るから」という小野さんの詞を、そっと懐にしまう。
「海を埋めても 俺たちの心までも埋められない」というフレーズは、辺野古沖での小野さんの粘り強い闘いから絞りだされた。


11.『種を播こうよ』~小野さん&みんな

ono_20190626155408d51.jpg
 小野さんが井上力さんにお願いされ、井上さんのお陰で、小野さんの不朽の名曲『種を播こうよ』の歌詞が、白の大きな防水生地に、黒字でくっきり印刷されました。
 お陰さまでこれから1回ずつ歌詞カードを小野さんが印刷される必要もなくなり、見た目もとっても明るく見栄えがします。
 文字が大きいので、離れたところからもはっきり読めて、とっても有難いです。
 井上力さん、お力添え本当に有難うございました。
 これから益々エンディングが盛り上がります。

*小さなお孫さんを連れられたご婦人が、椅子に座ってしばらく聴いて下さっていました。
坊やにお年を聞くと、小さな手で指を3本出して教えてくれました。
こんな嬉しいお客様がこれからも増えますように。

スポンサーサイト



あれからまた一年…、父が語る8年目の福島

★今野寿美雄さん講演会

あれからまた一年…、父が語る8年目の福島

リアルダキシメルオモイ

■日 時:2019年7月13日(土)14:00~16:30(13:30開場)
■会 場:神戸生活創造センター・セミナー室B
(JR神戸駅より徒歩3分、神戸クリスタルタワー5F)
http://www.sozoc.pref.hyogo.jp/access.html
*参加費無料、カンパ歓迎!
20190713.jpg

ここまでわかった内部被ばく:郷地秀夫医師講演会記録

6月2日、神戸で開催した「放射能社会を生きる連続セミナー 第10回 ここまでわかった内部被ばく ~セシウムボールのゆくえ~」の動画をYouTubeで公開しています。
先生は、冒頭「ここまでわかった」というより「ここまでわかっていなかった」と「内部被ばく」についてはまだまだ未解明だと前置きされて、今までに分かってきたこと、確認された事実について膨大なデータ、資料にもとづいて話してくださいました。
専門的で難しい研究成果を、これほど素人に分かりやすく説明できる方はほかにおられないのではないかと思える講演でした。
 直接聞けなかった方は、ぜひこの動画をご覧ください。
膨大なレジュメをご用意下さり、記録動画の公開にも快くご了解くださった郷地先生に感謝します。


main_line
main_line
最新記事
カテゴリ
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR