fc2ブログ

「老朽原発再稼働反対を」 神戸市に申し入れ

高浜原発など老朽原発の再稼働の動きがいよいよ急を告げています。
これに抗して、11月26日(木)、さようなら原発神戸アクション他の市民団体は、「私たちも被害地元だ!」と、神戸市に対して老朽原発の再稼働に反対するように申し入れを行いました。

IMG_3589.jpg

IMG_3591.jpg

■参加団体

 さよなら原発神戸アクション
 老朽原発うごかすな!実行委員会
 市民デモHYOGO
 脱原発はりまアクション


■紹介市会議員

 高橋秀典 議員(垂水区 無所属市民派 つなぐ議員団)

当日、朝9時に予定していたメンバー9名が市役所案内係前に集合、高橋秀典議員が朝立ちアピールを終えて駆けつけてくださるまで控室で打ち合わせを行いました。
9時半頃には、高橋秀典議員も合流し、久元市長の関電株主総会での発言なども確認し、10時から申し入れに入りました。
申し入れ書だけでなく、その他下記のニュース、関係書類も手渡し、
それぞれからしっかりと説明も付け加えました。(追加資料は下記の通り)

・老朽原発うごかすな!実行委員会に賛同、参加する団体個人名
・老朽原発うごかすな!ニュース号外3枚(「200㎞リレーデモ」コース一覧含め)
・脱原発はりまアクション通信11月号
・「関西の原発の耐震性と最近の大地震比較」(伊方原発運転差し止め裁判資料
・木原さん発行「危険すぎる老朽原発」
・高浜町での抗議行動の写真

企画調整局エネルギー政策課の南部課長、平田係長と約1時間ほど話し合い、様々な角度から原発の危険性やと神戸市のエネルギー政策のスタンスの転換を求め、「大株主でもある神戸市は関西電力と速やかに協議を行い、40年超えの老朽原発の稼働を諦め、すべての原発を廃炉にするよう申し入れること」を求めました。

原発の耐震設計は現実に起こった地震動よりも劣っていること、最近の住宅の耐震度の方がはるかに優れて強度があること。大地震に耐えられずに大事故が起これば、高浜から100キロ圏内の神戸市はまさに「被害地元」となることを資料にもとづき説明しました。高浜や大飯の原発は既に何度も配管の減肉や異物混入が起こり稼働は危険。琵琶湖が汚染されれば、淀川を水源とする神戸市の水道も被害を受ける。原発大事故が起これば、高浜に隣接する舞鶴市から約3万人の市民が神戸市へ広域避難してくる。コロナ禍で感染リスクを減らすためのスペースが必要になれば、避難所の数は現状の2倍3倍となりとても確保できず受入れ不可能になる等と問題点をあげ、老朽原発は再稼働させないように強く訴えました。

神戸市のスタンスは、安全を前提にしての「電力安定供給」も必要なので、即時の「脱原発」ではなく「脱原発依存」であり、今後は再生可能エネルギーによるCO2フリーの「水素エネルギー社会の実現」を目指す。水素で利益がでることが分かれば、いずれ関電も原発を必要としなくなるだろう、という考え方のようです。まだまだ見通しが甘いですが、担当者の熱意には期待したいです。

エネルギー政策課は、関電と定期的に意見交換会を持っているようで、そうした場でも今回の申し入れ時に聞いた課題なども聞いていきたい、とのことでした。


       ★☆★☆★☆★☆ 申し入れ書 ★☆★☆★☆★☆
                                2020年11月 日 
神戸市長  久元 喜造 様  

    危険すぎる関電老朽原発の再稼働に反対してください(申入書) 

                           代表:老朽原発うごかすな!実行委員会   
来年の3月11日、福島原発事故から10年を迎えます。事故は、原子力発電所が重大事故を起こせば、人の命と尊厳を奪い、職場を奪い、農地・海を奪い、暮らしを根底から奪い去ることを改めて教えました。福島では、放射能汚染は長期におよび、いまだ3万7千人を超える人たちが避難生活を送っています。放出された放射能は風に乗って広がり、今も大阪市の面積の1.5倍、340平方キロメートにおよぶ帰還困難区域があります。  
 もし若狭の原発が事故を起こせば近畿一円が放射能に汚染され、琵琶湖・淀川水系は汚染により1450万に及ぶ人々の飲み水を奪うこととなります。ましてや、神戸市は若狭湾の原発から直線100㎞余りしか離れていません。2014年2月27日の県議会で井戸知事が「若狭湾の原発が事故を起こせば最短2時間で放射性プルームが神戸に到達する」と述べたことは記憶に新しいことです。更なる問題点としても、新型コロナウイルスの感染拡大もあり、避難場所はあふれ、人々は放射能の汚染とコロナの感染に恐怖しなければならなくなります。にもかかわらず関西電力は、来年1月、3月に運転開始後44年、46年にもなる老朽原発、美浜3号機、高浜1号機の再稼働を計画しています。若狭の老朽原発は、原子炉や蒸気発生器、配管の脆化(ぜいか)、腐食、金属疲労が進み、福島事故をはるかに上回る重大事故をはらむ危険すぎる原発だと言わざるをえません。  
 原子力規制委員会が上記の老朽原発の40年超え運転を認可したのは、2016年ですが、この認可以降も、関電の原発では、蒸気発生器配管の減肉・損傷、死者を出した再稼働準備工事中の人身事故、そして原発マネーの不正還流事件と、トラブルや事故、不祥事が絶えません。これらは運転認可を行ったときには想定されていないことであり、認可は見直されるべきであります。原発の40年超え運転は、危険極まりないものであり、関西電力が原発を安全に運転する資質のないこと、原子力規制委員会の審査がいい加減であることを示しています。  
 現在、北海道で使用済み燃料の最終処分、青森県六ヶ所村再処理工場の規制委合格などが問題になっていますが、若狭の原発でも使用済み燃料の行き場がなく大量に保管され、原発以上に重大な放射能漏れ事故を起こす危険性が日々増しています。  
 私たちは去る9月6日「老朽原発うごかすな!大集会inおおさか」を成功させ、再び11月23 日、関西電力本店前に結集し、福井県美浜町に向け「老朽原発うごかすな!200㎞リレーデモ」に取り組みます。神戸市も県民・市民の安全と安心を守る責務を果たし、そして若狭の原発の消費地元であるという責任の上からも、一刻も早く原発を廃炉にさせるために行動を起こす必要があり、下記のことを要求するものです。  

                記 
 
(申し入れ事項) 
大株主でもある神戸市は関西電力と速やかに協議を行い、40年超えの老朽原発の稼働を諦め、すべての原発を廃炉にするよう申し入れること。  

以上 

(申し入れ団体) 
老朽原発うごかすな!実行委員会  
   こわすな憲法!いのちとくらし市民デモHYOGO 
   さよなら原発神戸アクション 
   脱原発はりまアクション 

スポンサーサイト



見逃し、見直し Zoom茶話会

11月7日のZoom茶話会 「来春判決!子ども脱被ばく裁判 ~振り返りと今後への展望」にご参加いただいた皆さま、ありがとうございました。
最後は9時ごろまで交流が続き、フランス、イギリス、また日本各地から多様な方々がご参加くださり、
子ども脱被ばく裁判のもつ「無用な被ばくはしない、させない」という重大な意味が共有された
貴重な会となったと思います。

当日参加、視聴できなかった方、あるいは改めて振り返りたい方のために動画や資料が整理されました。貴重な記録の作成、資料整理をしてくださった皆さんに感謝します。
ファイル形式の問題等で当ブログで直接掲載はできませんので、下記にリンクを貼らせていただきます。
ぜひご活用ください。

講演部分Youtube動画

1107.png



資料PDF



追記 Zoom茶話会振り返り 
オンラインでの活動に不慣れな頃で報告できてなかったZoom茶話会、遅ればせながらの報告を追記しました。 


★だまっちゃおれん!原発事故と放射能汚染@Zoom茶話会 振り返り


お話:伊藤廣昭さん(だまっちゃおれん原発事故人権侵害訴訟・愛知岐阜原告)
日時:2020年9月20日(日)14:00~15:30  15人参加
愛知岐阜原賠訴訟の原告の伊藤さんのお話をメインに、
訴訟をサポートされているCラボの大沼さんの解説をいただき、
とても貴重な会になりました。

4連休の2日目と言うこともあり15名の参加でこぢんまりしたものでしたが、
関西訴訟、ひょうご訴訟からのご参加もあり、愛知岐阜の控訴審を闘う伊藤さんらの脱原発への強い思いも共有できる会になったと思います。

また、大沼さんからは、皆さまへのお願いがありました。
   ↓
「乳歯保存ネットワーク・株式会社はは」へのご協力をお願いします。
原発事故時にお腹にいた現在9才~12才ぐらいのお子さんの乳歯1g(奥歯だと2本ぐらい)が必要とされています。居住地などの制限はありませんので、お知り合いに該当のお子さんがいらしゃったら、ぜひご協力ください。
また、大人の歯も募集中とのことです。大人なら「親知らず」でいいそうです。
詳細は下記サイトをご覧ください。

高浜原発再稼働の動き 兵庫県民も事故被害当事者

■老朽原発 高浜1・2号機 再稼働への動き

運転開始から40年を迎えた関西電力高浜原子力発電所1・2号機(福井県高浜町)について、原子力規制委員会は2016年6月20日、運転を最長20年間延期することを全会一致で認めました。これを受けて関電は一連の追加工事を行い、来春の再稼働を目指しています。
原発事故の教訓から、運転期間を原則40年に制限し「40年超え運転は例外中の例外」とされたが、それがなし崩しにされようとしています。

高浜原発の危険性(外部リンク)


町議会 推進派の再稼働促進請願を採択

2020年11月12日、高浜町議会は臨時本会議を開催、地元住民や関西から駆け付けた市民たちの抗議の声に包まれる中、商工会などが求めた原発再稼働推進請願など3本が推進派の小幡憲仁議員(議席13番、当選5回、国民民主党福井県総支部連合会幹事、関西電力1978年4月1日から現在)をはじめとする賛成多数で採択しました。
反対は渡邊孝議員(当選11回、日本共産党)だけでした。
また、再稼働反対請願や熟議するように求めた意見など4本は反対多数で採択されませんでした

しかし、再稼働するには高浜町長、福井県議会、県知事の同意も得なければなりませんが、県知事が求めている使用済み燃料の県外搬出計画について、関電は具体案を示せていません。

危険極まりない老朽原発の再稼働を許さないために、地元で奮闘する反対派議員や住民とともに関西から、そして全国から声を上げていきましょう。
20201112_高浜町議会前抗議

■「地元」とはだれか!?関西全部が「被害地元」だ!

神戸は直線距離で高浜原発から神戸市役所までは直線距離約100km、放射性性プルームが神戸市域に流れ込んでくるのは最速約2時間(井戸知事県会答弁)です。
神戸も被害地元です!。
高浜原発事故

■広域避難・・可能なのか?

 改めて、原発立地住民だけが過酷事故時の当事者ではなく、若狭や京都府北部からの広域避難受け入れ先となっている関西自治体住民である私たちも事故時当事者であるということを確認しましょう。 
広域避難受入れ先になっている施設職員・自治体職員・警察職員・消防職員など関係機関の職員のみなさんは「自助」による自主避難はできません。
関西広域連合の原子力災害対策情報が下記にあります。
机上の避難計画が役に立つのか、事故発生の際に自分はどう行動するのか、考えてみましょう。
今や原発がほとんど稼働しなくても電力は十分に足りており、再生可能エネルギーへの転換も一層進みつつあります。原発は、原子力利権に群がる企業、人物以外にとっては、無用の長物、百害あって一利なしが明らかになりました。
何より有効な「原子力防災対策」は、一日も早く原発を停止し、核燃料を少しでも安全な方法で保管することです。
main_line
main_line
最新記事
カテゴリ
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR