fc2ブログ

寄り添い続けてきた医師に聞く〜甲状腺がんの若者たちの今〜」報告

10月 ZOOM茶話会 報告

「寄り添い続けてきた医師に聞く〜甲状腺がんの若者たちの今〜」

牛山先生のご講演部分の動画を公開いたします。
当日の資料もご提供頂きましたのでご参照下さい。


~ 茶話会についての主催者からの感想と情報提供 ~ 

牛山先生は原発事故当時、小学生と中学生の子どもを持つお母さんでもあり、「子どもをどうやって守ったらいいの?」「国に守ってもらえると思っていたけど、180°立ち位置が変わってしまった。、というところから先生の被害者に寄り添う活動は始まったそうです
これまでの医学ではこの程度の被ばくでは鼻血その他起きないとされている、しかし「臨床医が目と耳を塞いだら最後。真実を見逃してしまう。」と、牛山先生は行動を開始。首都圏や福島の親御さんたちの声に耳を傾け、ベラルーシやセミパラチンスクにも足を運びと、先生は被災した方々の心に寄り添いつつ、同時にずっと真実を探求してこられたように思います。
今は主に「甲状腺がん支援グルーブ あじさいの会」の代表として、甲状腺がんの若者たちとご家族を支えておられますが、LINEや電話で「いつでも医療相談」を受けられるなど、こんな風に患者さんを支えている先生は他にほとんどおられないと思います。ただそれは、3-11後の医療や行政のサポートの貧弱さの裏返しでもあるのかもしれません。
この国や福島県、医学界などが、甲状腺がんの患者さんたちの存在をないことにしようとする姿勢に疑問を持ち、「因果関係をはっきりさせてほしい」と裁判に立ち上がった7名の原告さんたち。思うような人生を送れなくなってしまった具体的なお話に、申し訳なさが募りましたが、提訴後、原告さんたちは「こんなに支援してもらえると思っていなかった」と元気になっていると伺い、少しほっとしました。
互いに繋がる機会のなかった原告さん同士、また「あじさいの会」の患者さん同士で、お互いを支え合う関係も生まれつつあるとのこと。また「あじさいの会」では、患者さんたちの一度諦めてしまった進学等の夢を、金銭面でサポートする「再チャレンジ支援」のプロジェクトを現在準備中とのお話もありました。
私たちも、裁判の今後や、牛山先生のように患者さんを支えておられる方たちの動きに関心を持ち、少しでも応援することができたらと思います。
----------------
以下に参考情報を貼り付けます。
○甲状腺がん支援グループあじさいの会 HP
あじさいの会 口座番号

     郵便振替    

     記号:18290  番号:40564741

○牛山先生は安定ヨウ素剤の配布会や講座もされているので、ご参考までに「みんなのデータサイト」さん主催で開催されたオンライン配布会の情報です。
○質疑の時間にみなさんと情報を共有した、原告さんたちの生のお声が聞ける動画を以下にご紹介します。

311甲状腺がん子ども支援ネットワーク/311子ども甲状腺がん裁判〜原告がいま、話したいこと。伝えたい思い。

・デモクラシータイムス/【原発耕論 No19】福島事故で被ばくしたこどもたちに、不安なく過ごせる未来を!311子ども甲状腺がん裁判

https://www.youtube.com/watch?v=5vNWnRQno1M
スポンサーサイト



6・11オンライン講演会 動画公開

6月11日(土)『世界から見たフクイチ処理汚染水問題

「私たちが海に出会う方法」』動画公開、

諸事情でかなり時間が経過してしまいましたが、ようやく動画が全面公開できるようになりました。

■ドルコレさん講演部分のみ■


通常は公開しない質疑応答部分ですが、ドルコレさんと上前万由子さんが息ぴったりにとても丁寧なお答えをされていましたので、これをカットしてしまうのがしのびなく、音声だけですが、質問者の方のご了承を得て、こちらも公開させていただくことになりました。

■講演部分+質疑応答部分■


●上記動画の目安■
 00分~ 60分 ドルコレさんことファン・ヒョンジンさん
 60分~ 76分 1人目の質問
 76分~ 83分 2人目の質問
 83分~ 97分 3人目の質問
 97分~100分 司会よりコメント
100分~109分 4人目の質問
109分~118分 5人目の質問
118分~125分 6人目の質問

なお、ドルコレさんご本人は、終了後すぐ、HPにも報告の記事を書いてくださっています。

ホットピンクドルフィンズHP
‘일본 정부의 후쿠시마 오염수 방류 결정’을 주제로 이야기 나누었습니다
작성일자 2022-06-15 작성자 hotpinkdolphins
(papago翻訳)
「日本政府の福島汚染水放流決定」をテーマにお話しました。
作成日付2022-06-15作成者hotpinkdolphins
6/11(土)さよなら原発神戸アクションの招待で「日本政府の福島汚染水放流決定」をテーマにお話しました。
ホットピンクドルフィンズは今回の講演で放射能汚染水の危険性に対する話の代わりに具体的な事例を通じて私たちが海とそこに住む存在たちにどのように会ってきたのか、また日本政府の汚染水放流決定が既存に私たちが海に対してきた態度から始まったのではないかと調べました。
さらに、2021年4月13日、日本政府の放射能汚染水放流決定以後、韓国で進行された汚染水放流反対行動事例を調べながら、海と非人間存在を「食べ物」、「利用する資源」だけで眺める種差別的態度、自国民中心主義から始まった暴力と嫌悪についても調べました。
絶えず存在間の違いを差別し、位階を問い詰める態度は、韓国社会の多様性と調和を破壊してきたし、非人間的存在に対する差別は結局、人間内部でも位階を作り出し、人種による差別、性による差別、出身地域と国による差別をさらに強固にしています! 今すぐ放射能汚染水放流決定を撤回させることはできませんが、皆の生存のためにより積極的に存在間関係について省察し、警戒を崩す連帯を続けていけば、その後そのような決定が下されるのを防ぐことができるのではないでしょうか。
講演参加者たちは「人間以外の存在の観点で放射能汚染水問題を眺める契機になった」、「ホットピンクドルフィンズの他の存在の苦痛に共感し直接行動するようにする教育活動を応援する」、「既存に接することができなかった内容の講演なので新鮮で、大きなエネルギーを得た」等の優しくて力が交わした感想を配りました。
仕上げはみんなで掛け声をかけながら 마무
◆地球共同体の全構成員の生存を脅かす放射能汚染水の海洋放流決定を撤回せよ! 撤回しろ!撤回しろ!❞
不慣れにも関わらず、新しい観点の講演を開かれた心で傾聴してくださった参加者の方々と、長い間韓日同時通訳を担当して下さったイロ(IROㅣ異路)マユコ代表に感謝の挨拶を申し上げます。

main_line
main_line
最新記事
カテゴリ
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR